趣味

郷田真隆九段、NHK杯初優勝! 矢内女流五段は司会を卒業


2014.05.02

初優勝を決めた喜びの表情。撮影:河井邦彦

2回戦で前回覇者の渡辺明NHK杯が、3回戦で名誉NHK杯の資格保持者である羽生善治三冠が姿を消すなど、激動の展開を見せた第63回NHK杯テレビ将棋トーナメントの決勝戦が、3月23日(日)に放送された。

 

決勝戦のカードは郷田真隆(ごうだ・まさたか)九段と丸山忠久(まるやま・ただひさ)九段。同年代で安定した成績を残す実力者どうしの戦いとなった。

 

郷田九段はAブロックからの勝ち上がり。永瀬拓矢六段、高橋道雄九段、森内俊之竜王・名人、西川和宏四段を破って決勝進出。

 

一方の丸山九段はBブロックからの勝ち上がり。飯島栄治七段、金井恒太五段、三浦弘行九段、大石直嗣六段を破って決勝進出。

 

戦型選択の段階から意外な展開を見せた将棋は、郷田が82手の短手数で快勝、初の優勝を決めた。決勝戦後のインタビューで郷田は、「NHK杯は棋士になったころからあこがれの棋戦。時間はかかってしまったが優勝できてうれしい」と喜びを語った。

 

矢内女流五段、司会を卒業

 

第63回までの5年間にわたって務めたNHK杯将棋トーナメントの司会を卒業する矢内理絵子女流五段からあいさつがあった。

 

「番組を通して成長することができたし、ファンの方々にお声掛けいただくことも増えた。司会の5年間は大切な思い出です」(矢内)。

 

※戦型選択の背後の駆け引きや郷田の秘手の背景に迫った、小暮克洋氏による観戦記は『NHK将棋講座 2014年5月号』P64に掲載しています。

 

■『NHK将棋講座』2014年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000312142020_01_136

スウェーデンから届いた とっておきニット 帽子・ミトン・ベスト

2020年01月16日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000000093602020_01_136

QUEEN in 3-D

2020年01月24日発売

定価 5940円 (本体5400円)

000000312132020_01_136

斉藤謠子の 布で描くいきものたち

2020年01月24日発売

定価 1980円 (本体1800円)