趣味

らくちんだけどスッキリ! はき心地抜群のゆったりパンツ


2014.05.02

ヒップからすそにかけてのラインが、すっきりしているリネンのパンツ(左)。また上を深めにしてあるので、座ったりかがんだりしても背中が出にくいのが特徴です。基本のパンツ丈をひざ下からカットするだけで、軽快なバミューダパンツに(右)。若い人には花柄やアロハ風のプリントなどが似合います。おうちパンツに、外出用にと活躍しそう。撮影:公文美和

ウエストがゴムだけでもらくちんなのに、おなかやヒップ回りはゆとりがたっぷり。デザイナーの月居良子(つきおり・よしこ)さんが提案するパンツははき心地抜群です。月居さんのお母さんも愛用しているこのらくちんパンツは、ひざ下からカットするとバミューダパンツにも。同じ型紙で作ったパンツを母と娘で長年愛用している月居さんに、デザインや素材のこだわりについてうかがいました。

 

*  *  *

 

「もう25〜26年、同じ型紙でパンツを作っています。私がはいていたパンツを見て、母からリクエストされたのがきっかけで、今までに30着ほど作りました。中でも、圧縮ウールニットの素材が母のお気に入り。はき心地がよく、ニットが圧縮されて表面がフラノのようなおしゃれ感があるからです。春夏は、素材だけをかえればいいので、木綿やリネンで作ります。太ったりやせたりの体型の変化には、ウエストのゴムの長さ調節だけで済むのも便利です。

 

私は、ウエストゴムでらくちんでも、あくまでカッコいいパンツにこだわってデザインしました。立ったり座ったりの動作が楽なようにまた上を深くし、すそ幅を細くすることで脚のラインがスッキリと見えます。

 

同じ型紙での母と私のパンツ作りは、現在も継続中です。(月居良子)」

09467052014_p044_01

 

ヒップの両わきは、ややゆるやかなカーブでゆったりと。すそ幅を細くしたことで全体にすっきりと見えます(左)。ウエストに入れたゴム2本の間隔を少しあけることで、ギャザーが均等に入り、膨らみを抑えます。両わきにはポケットつき(右)。

 

実物大型紙と作り方は『NHKすてきにハンドメイド 2014年5月号』に掲載しています。

 

■『NHKすてきにハンドメイド』2014年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000057022019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら(下)

2019年08月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000162682019_01_136

NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

2019年07月20日発売

定価 1404円 (本体1300円)