趣味

ししゅう枠を使わなくてもOK! イラスト刺しゅうで小物作り


2014.05.27

シンプルな木綿のバッグに大きく刺しゅうしたくま(右)。ステッチは4種類。線の太さをあえて均一にせずに、イラストのイメージを大切にしました。左はワニをストライプのバッグに。後ろ側の面とつなげて配置しました。撮影:公文美和

かわいい動物、好きな食べ物……お気に入りのモチーフを、糸の線で描きましょう。刺しゅう枠を使わなくてもできるから、あのバッグにも、この巾着にも。イラストレーターのおぐらみこさんのイラストを、ニードルワークアーティストの小倉ゆき子さんが刺しゅうしました。

 

「子どものころ見ていた刺しゅうというと、主に母の着物の日本刺しゅうでした。職人さんの手仕事ですから、刺しゅうは自分でするものではないと思っていました」という小倉ゆき子さんが刺しゅうを始めたきっかけは、デザイン学校を卒業後のことでした。

 

「子ども服のデザインをしていて、刺しゅうに出会いました。その仕事は長くは続けられませんでしたが、手もとに残った糸を使い1つか2つの種類のステッチだけで、絵を描くように刺しゅうをしてみました。ラフな刺しゅうが当時は珍しく、ある人の目に留まって」手芸家としての仕事が始まったそうです。

 

「サテン・ステッチなどできちんと面を刺し埋めるには刺しゅう枠が必要ですが、イラストのように刺すなら、刺す箇所さえ左手で布を張って落ち着かせれば、枠がなくても大丈夫。枠を使わないと、刺したいところ、どこにでも刺しゅうができるんです」

 

今回の作品のもとになったイラストは、小倉さんの娘でイラストレーターとして活躍しているおぐらみこさんによるものが中心です。手軽にできて、日常をちょっと楽しくしてくれるイラスト刺しゅう。手もとにあるバッグや服、キッチン小物などに、好きなモチーフを描いてみませんか?

 

実物大図案とステッチの刺し方は『NHKすてきにハンドメイド 2014年5月号』に掲載しています。

 

■  『NHKすてきにハンドメイド』2014年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000000312142020_01_136

スウェーデンから届いた とっておきニット 帽子・ミトン・ベスト

2020年01月16日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000000093602020_01_136

QUEEN in 3-D

2020年01月24日発売

定価 5940円 (本体5400円)

000000312132020_01_136

斉藤謠子の 布で描くいきものたち

2020年01月24日発売

定価 1980円 (本体1800円)