趣味

初心者にもおすすめのモッコウバラ 美しく仕立てるためのポイント


2014.04.16

橋の欄干に誘引したキモッコウバラ。人が通る場所では、通行の邪魔にならないように枝先まできっちり誘引すると、花枝が短いのできれいな花の面をつくり出すことができる。フェンス仕立ての参考に。撮影:牧 稔人

早咲きのモッコウバラは、バラの季節の到来を告げます。一面に咲くモッコウバラで花いっぱいの空間づくりに挑戦してみませんか。育種家の河合伸志(かわい・たかし)さんがモッコウバラを美しく仕立てるためのポイントを教えてくださいました。

 

*  *  *

 

新緑が美しい季節になると、日本各地で株いっぱいに花を咲かせるモッコウバラの姿を目にします。広く普及したバラですが、じつは日本原産ではなく江戸時代に渡来した中国原産の植物です。

 

モッコウバラの最大の魅力は、無数に咲く可憐な花と、弧を描くように枝垂れる姿。これが日本人の古くからもつ美意識に通じるためか、バラ愛好家という枠を超え、広く花好きの人の心を捉えています。

 

バラ栽培で最初に遭遇する悩みは黒星病ですが、モッコウバラはこの病気にとても強く、通常の管理を行っていれば発生することはめったにありません。そのため、初心者でも健全に育てることができ、数年後には株一面に花が咲く姿を楽しめます。

 

また、八重咲き種にはとげがないので、作業の際にけがをする心配がなく、小さな子どもやお年寄りがいる家庭でも安心して栽培できます。

 

美しく仕立てるためのポイント

 

1:しなやかな枝先を生かす

枝垂れた細い枝にたわわに咲く姿は、モッコウバラの最大の魅力です。軒先やベランダの柵、壁面など目線より高い位置に枝を誘引し、そこから下垂させると風情ある姿で花を楽しめます。

 

2:狭い場所ではきっちり誘引する

狭い場所では枝垂れた姿の仕立ては向きません。通路沿いでは伸びて下垂した枝が邪魔になりがち。ただし、切ってしまうと花数が減るので、随時フェンスなどに誘引しましょう。

 

3:大株に成長することを考慮する

モッコウバラは成株になると3〜5mに成長します。家庭用の小型のアーチやオベリスクでは収まりにくく、ある程度大きな構造物が必要です。また苗が小さいからといって複数株を植えると、のちのち手に負えなくなります。

 

■『NHK趣味の園芸』2014年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000064072492019_01_136

韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック

2019年07月17日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000057062019_01_136

クジラアタマの王様

2019年07月09日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992842019_01_136

NHK趣味の園芸 多肉植物 パーフェクトブック

2019年06月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)