趣味

育種を通じて学べる命の大切さ


2014.04.10

ペチュニア

春のガーデンを美しく彩ってくれるペチュニア。生育タイプを知って、より元気に、より多くの花を楽しみましょう。

 

さらに今年は苗を買ってくるだけでなく、「交配」に挑戦してみませんか。「こんな花ができたら」「どんな花になるだろう」子どもの心に戻って、あなただけの花をつくりましょう。ながの花と緑そして人を育てる学校の校長を務める育種家の矢澤秀成(やざわ・ひでなる)さんに、交配の魅力をうかがいました。

 

*  *  *

 

丈夫で育てやすく、花色や花形のバリエーションが豊富なペチュニア。多くのナーセリーが毎年のように優れた品種を生み出し、園芸店の店頭をにぎわせます。

 

さて私は5歳のときに育種、つまり、花色など性質が異なる2つの花をかけ合わせて(=交配して)、世界にひとつだけのペチュニアの花を咲かせることを夢見ました。今もその夢を追い続けています。

 

育種と聞くとプロの仕事と思われるかもしれませんが、ペチュニアの交配は比較的簡単です。交配から開花まで4か月ほどと期間も短いので、皆さんも少し頑張れば世界にひとつだけの花を咲かすことができますよ。一番大切なことはチャレンジする気持ちです。その気持ちがあるかぎり、必ず夢の花は咲きます。

 

「育種寺子屋」の取り組み

 

私は10年前から全国各地の小学校で、「育種寺子屋(いくしゅてらこや)」という授業をしています。生徒一人一人が交配を行って、世界にひとつだけの花を咲かせる授業です。

 

タネとり、タネまき、植え替え、水やりなどすべての作業を子どもたちが行い、花への愛情をいっぱい注ぎます。そして、その想いが世界にひとつだけの花を咲かせるのです。

 

愛情をたくさん注いだものが開花したときの喜びを子どもたちは知ります。逆にたくさんの愛情を注いでも枯れるときがあります。それでも、子どもたちには大切なものを失ったときの悲しみと、同時にあきらめない気持ちが宿ります。育種寺子屋は、美しい花を咲かせるだけの授業ではありません。命の大切さを知る授業でもあるのです。

 

■『NHK趣味の園芸』2014年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • sokutei300

000000395842016_01_136

日めくりサラリーマン川柳 傑作選

2016年09月20日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000069235772016_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 べっぴんさん Part1

2016年09月26日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000000312042016_01_136

簡単でかわいい 風工房の身にまとうニット

2016年09月21日発売

定価 1620円 (本体1500円)