趣味

囲碁棋士・大橋拓文五段が打ち込む趣味は「ピアノ」


2013.02.14

イラスト・丸山誠司

「趣味の域を越えている。プロ級」と棋士たちが口をそろえるのが、大橋拓文五段のピアノだ。最近は、知人の店やミニパーティー、囲碁のイベントなどなど、頼まれて人前で弾く機会も増えてきたという。

 

*  *  *

 

4歳になる少し前に始めました。なぜか「ピアノを習いたい」と言ったらしいです。近所の先生についてずっと続けてました。そのうちに囲碁が忙しくなり、緑星学園(菊池康郎さん主宰の囲碁私塾)に週に5日通っていましたから、ピアノの練習は週に2日のペースでした。

 

ベートーベンなどの激しい曲が好きで、院生手合いで変な負け方をすると、帰ってきてピアノに向かう。当時はそんなつもりはなかったけど、今思うとクールダウンになってたんでしょうね。最近はジャズピアニストの方との交流もできて、クラシック以外にもいろいろなジャンルの曲を弾くようになりました。

 

家でCDを聴いて、好きな曲があると楽譜を買いにいきます。人前で演奏する機会がだんだんできてきたので、「ナンチャッテ暗譜」を本当の暗譜にしているところです(笑)。歩いているときはいつも脳内音楽を流してるんです。あぁ、それであまり練習できなくても暗譜できるのかもしれません。

 

はじめはただ流すだけ、だんだん「どの音かな」となって、次に鍵盤をイメージしながら…段階を踏んでイメージトレーニングしてますね(笑)。

 

■『NHKテレビテキスト 囲碁講座 12月号』より

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162712019_01_136

日本歌人クラブアンソロジー 2019年版 現代万葉集

2019年11月11日発売

定価 3143円 (本体2857円)

000000162722019_01_136

NHK将棋シリーズ 深浦康市の振り飛車なんてこわくない

2019年11月14日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)