趣味

「肥料食い」のトウモロコシと長ナス、育てるポイント


2014.04.01

長ナスとトウモロコシ

1日ごとに暖かくなる4月、待ちに待った夏野菜の作付けを始めましょう。トウモロコシと長ナスを育てる際のポイントを、恵泉女学園大学人間社会学部教授(生活園芸、野菜園芸学)の藤田智(ふじた・さとし)さんに教えていただきました。

 

*  *  *

 

「肥料食い」は、トウモロコシとナスに共通するキーワードです。肥料を吸う力が強くてぐんぐん大きくなる反面、肥料ぎれさせると生育に影響します。そのため、タネまき・植えつけのあとに成長に応じて肥料を与える「追肥(ついひ)」を定期的に行い、株を疲れさせないことが、どっさり収穫のコツです。

 

トウモロコシはタネから栽培を始めます。トウモロコシのタネや発芽直後の芽は、鳥に食べられやすく、霜にも弱いので、畝(うね)に鳥よけと防寒の効果のある不織布(ふしょくふ)をかけて予防します。また、確実に受粉させて、先端まで粒の入った充実した実を作ることもポイントです。

 

長ナスは苗から育てます。初心者には生育のよいつぎ木苗を使うのがおすすめです。長さ20〜30cmになる長ナスは、皮も果肉もやわらか。作り方は一般的な中長ナスと同じです。一番花が咲くころになると、わき芽(め)が伸びて枝葉が混み合ってくるので、主枝(しゅし)とわき芽2本を伸ばす3本仕立てにします。(以下もナスの栽培です)収穫は10月半ばまで続くので、追肥で株の勢いを保ち、適期収穫を心がけます。1株から30個の収穫が目標、40個以上とれれば上級者です。

 

■『NHK趣味の園芸 やさいの時間』2014年4月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000061992462017_01_136

NHK趣味の園芸 花をいっぱい咲かせるテクニック 人気のバラ シュラブローズ

2017年03月29日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000000395852017_01_136

NHK出版 DVD+BOOK 瀬戸内寂聴 いのちよみがえるとき

2017年03月25日発売

定価 3996円 (本体3700円)

000000395862017_01_136

NHK出版 DVD+BOOK 生誕80周年記念 永遠の美空ひばり

2017年03月29日発売

定価 45360円 (本体42000円)