趣味

お気に入りの布が少しあればOK! 小さめサイズのがまぐちを作ろう


2014.03.17

基本作品「四角い口金のぺたんこがまぐち」。外袋と内袋をはり合わせて、口金にはめ込むだけ。ポイントを押さえれば、初心者さんでもきれいに作れます。撮影:飯貝拓司

バッグ作家・手芸家の越膳夕香(こしぜん・ゆか)さんが、手になじみやすくて使いやすいサイズのがまぐちを作りました。

 

小銭はもちろん、裁縫道具や薬などを入れるのにも便利。カットクロスや余り布など、お気に入りの布がほんの少しあれば作れます。

 

内布も楽しんで

 

口金を開くたびに目に入るため、うれしい気持ちになれるような布を選ぶと、より愛着がわきます。外布と同系色でまとめるのもよいですが、全く違った色柄の布を使って、開くたびにハッとするのもおすすめです。

09467032014_p074_01

 

実物大型紙と作り方は、『すてきにハンドメイド』2014年3月号に掲載しています。

 

■  『NHKすてきにハンドメイド』2014年3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000069235892019_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 スカーレットPart1

2019年09月25日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)