趣味

スマホ、タブレットにウイルス対策は必要なの?


2014.02.18

トレンドマイクロ株式会社が開発するウイルス対策アプリ「ウイルスバスターモバイル」の画面。

パソコンのような機能を備えているスマートフォンやタブレット。それだけに、「いままでのケータイと同じような感覚で利用していると、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性があります」と指摘するのは関東学院大学准教授で情報ネットワーク、情報セキュリティをご専門とする岡嶋裕史(おかじま・ゆうし)さんです。岡嶋さんが「スマホ・タブレットを安全に使うための3か条」を挙げてくださいました。

 

*  *  *

 

まず注意したいのが、「ワンクリック料金請求」。これはウェブ閲覧時に突然、高額な料金請求画面を表示する詐欺行為です。料金は発生していないので支払う必要はありません。

 

また、スマホの情報を不当に抜き取るアプリも存在します。少しでも怪しいなと感じたら、そのアプリのインストールは避けましょう。ほかの利用者のレビューを事前に確認しておくのも有効です。

 

スマホ・タブレットを安全に使うための3か条

 

1  OSを最新の状態にする

 

スマホ・タブレットのOSは常に更新(バージョンアップ)され、セキュリティの脆弱性などが改善される。アップデートが提供されたら、必ず更新して最新の状態で利用するようにしよう。

 

2 ウイルス対策アプリを使う

 

Androidはウイルス対策アプリの導入が効果的。インストールしたアプリに不正な機能が備えられていないか、ダウンロードしたファイルにウイルスが含まれていないかなどを検証できる。

 

アプリの情報を事前に確認

 

不正に個人情報を抜き取るアプリがあるので、インストールする前にレビューなどを参照して安全性を確認しよう。アプリの機能と関係なく、個人情報へのアクセス許可を求めるアプリに注意。

 

Androidにはなぜウイルス対策アプリを導入する必要があるの?

 

Androidは世界中の開発者に無償で提供されている「オープンOS」。現在はモバイル市場で最も大きなシェアを持っており、誰でもOSの細かな部分まで操作できることから、ウイルスに狙われるケースが多いのです。また、以前はiOSよりもアプリの審査が甘く、不正を働くアプリがストアに混入しやすかったのも、トラブルが発生しやすくなった一因といえるでしょう。

 

■『NHK趣味Do楽 スマホ&タブレット 使いこなそう! 便利なアプリ』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000361392020_01_136

宇宙のがっこう

2020年07月30日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000061992932020_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK ひとりでできる!はじめてのスマホ 100の困った!解決ブック

2020年06月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000000162762020_01_136

サラリーマン川柳 とびきり傑作選

2020年06月10日発売

定価 1045円 (本体950円)