趣味

俳句に詠んだ動物で性格がわかっちゃう?


2013.12.02

「俳句はリトマス試験紙だ」と表現するのは、俳人の神野紗希(こうの・さき)さん。ある日は「光」という単語が頻発(ひんぱつ)したり、ある日は「ならぬ」「だめ」など否定形を使った句ばかりだったり、俳句を詠(よ)むと、その時の体調や気分が如実(にょじつ)に表れるからだとか。動物園で吟行する際にも、どんな動物を選んだかによって性格や心理状態がわかってしまうかもしれない……そんな思いを込めつつ、動物を詠んだ句を神野さんが解説する。

 

*  *  *

 

俳人はしばしば動物園で吟行をしますが、句会で互いの句を見せ合うと、どの動物に心惹(ひ)かれたのか人によって全然違うのです。紀元前のイソップ寓話の時代から、動物にはそれぞれ人間の姿が重ねられてきました。獅子(しし)は勇敢だが傲慢(ごうまん)、狐はずるがしこく、兎(うさぎ)は軽率、亀は努力家……。花形のパンダを詠むか、園の隅っこにいる狸(たぬき)を詠むか、選んだ動物でリトマス試験紙のように自分の性格や心理状態が分かってしまうとしたら、面白いような、ちょっと怖いような。動物は人間の隣人、私たちの似姿なのです。

 

よく眠るパンダ勤労感謝の日

佐藤郁良(さとう・いくら)

 

祝日、多くの家族連れが動物園に詰めかけています。勤労感謝の日だから本当は家でごろんと寝て、仕事で疲れた体を休めたい大人たち。その願望を体現してか、パンダはのんびり寝てばかりです。起きて動いてくれないかなと思いつつ、ふと、パンダもこう見えて毎日働いているのだと気が付きました。園随一(ずいいち)の人気者のパンダだからこそ、勤労感謝の日という季語が動きません。

 

この「動く/動かない」という用語、俳句ではよく使われます。この句にはこの季語がぴったりだね、他の季語では代用できないわ、という場合、褒(ほ)め言葉として「季語が動かない」と言います。一方、他にしっくりくる季語があるのでは、というときには「季語が動く」と言います。未完成な一句という指摘なので「いやあ、それほどでも!」と胸を張ってはいけません。また「動く/動かない」は季語以外の言葉にも使います。先ほどの句も「パンダが動かない(=他の動物では魅力半減)」と評することができます。

 

「動く(から直せ)」という指摘は、裏を返せば「動かしていい」ということです。「現実に見たのは兎だから兎を詠まなくちゃ」と、事実現実に忠実である必要はありません。一句をさらに魅力的にするために、推敲(すいこう)の過程で、言葉をどんどん「動かして」いいのです。兎をパンダにしたり、勤労感謝の日を年の暮にしたりしながら、自分の詩心を満たす言葉の組み合わせを探してください。

 

バレンタインデイか海驢(あしか)の手パタパタ

野口(のぐち)る理(り)

 

水族館のアシカのショー、まわりにやけにカップルが多いので「今日はバレンタインデイか」と気付いたのです。彼へチョコレートをプレゼントするのも、調教されてアシカが手を振るのと似たようなものかもしれない、そんなライトな皮肉にも読めます。

 

猫の子のふにやふにやにしてよく走る

大木(おおき)あまり

 

犬抱けば犬の眼にある夏の雲

高柳重信(たかやなぎ・じゅうしん)

 

現代人に身近な動物といえば、ペットとして人気の高い犬や猫でしょう。あまりの句、「猫の子」が春の季語です。「ふにゃふにゃにして」の後には通常「よくこける」等頼りない言葉が続きそうですが、元気な姿に転換したのが魅力。「なのに」と言いたい気持ちを「にして」と順接することで、子猫の自然をありのまま捉(とら)えています。重信の句、飼われた犬の瞳に兆(きざ)す夏雲への憧憬(しょうけい)に一抹(いちまつ)の野性の存在を確認し、やるせない思いに駆られます。

 

■『NHK俳句』2013年12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000061992932020_01_136

NHK趣味どきっ!MOOK ひとりでできる!はじめてのスマホ 100の困った!解決ブック

2020年06月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000000162762020_01_136

サラリーマン川柳 とびきり傑作選

2020年06月10日発売

定価 1045円 (本体950円)

000069233842020_01_136

NHK大河ドラマ・ガイド 麒麟がくる(後編) 

2020年05月21日発売

定価 1210円 (本体1100円)