趣味

囲碁棋士・鶴山淳志七段の「趣味のじかん」


2013.12.10

イラスト:丸山誠司

最近好調の鶴山淳志七段。力強さを増したと定評があり、対局中はキリリと厳しい表情だが、普段は、息子さんの話になると甘いマスクをさらにほころばせる。趣味は子供のころから大好きだった野球だ。

 

*  *  *

 

野球を始めたのは小学1年生ぐらいから。家の前に中学校のグラウンドがあって、田舎でしたからうるさいことを言う人もいなくて、生徒さんがいないときは我が家の庭みたいにして、父とキャッチボールをしてました。野球部がなくてソフトボール部に入ったんですけど、僕は体が小さくて力がなかったから、打っても前にボールが飛ばないんですよ。でも、小学生のソフトボールって、打つよりも守る方が大事。守りがしっかりしてないと試合が終わらないので(笑)。

 

守りはけっこう上手かったので、試合には出してもらってましたね。ただ、小学校5年生のとき囲碁の大会と重なって、迷ったのですが囲碁を選びました。小学6年生で(趙治勲二十五世本因坊の)内弟子に入ってからも、グローブを用意してもらっていたので、弟子同士で道ばたでキャッチボールをして、近所の方にご迷惑をおかけして怒られたりしてました(笑)。

 

日本棋院の野球部に入ったのは5年ぐらい前。当時いちばん若かったので何となく打順が一番になり、足が速いわけでもないのになぜか今も一番のまま。守備はサード。これも若いからという理由で(笑)。練習と試合を合わせて月に2回ぐらいのペースですね。息抜きにもなるし、運動したあとは頭がスッキリして勉強も身が入りますね。

 

この間、長男の4歳の誕生日にグローブを買ってあげました。まだ難しいんですけど、息子とキャッチボールできる日が来るのが、今の僕の楽しみです。(談)

 

■  『NHK囲碁講座』2013年11月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000361362019_01_136

へんがおたいそう

2019年10月10日発売

定価 1980円 (本体1800円)

000069235892019_01_136

NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 スカーレットPart1

2019年09月25日発売

定価 1320円 (本体1200円)

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)