趣味

なぜコマツナやホウレンソウは寒さでおいしくなるの?


2013.03.02

霜に当たって葉が縮んだ寒じめホウレンソウ
撮影:丸山滋

コマツナやホウレンソウは、冬でも元気に育ち、寒さや霜によって甘くおいしくなるという貴重な葉物野菜。それにはこの2つの野菜が持つ、ある特性が関係している。東京農業大学農学部准教授の木村正典さんにうかがった。

 

*  *  *

 

多くの野菜は、寒さや霜に当たると傷んでしまいます。それは、茎や葉の水分が凍り、それが解ける際に細胞の組織が壊れてしまうからです。壊れた細胞は腐ったり、死んだりするため、葉が茶色く変色します。

 

一方、コマツナやホウレンソウ、タアサイなど一部の野菜は、寒さで凍らないための自己防衛手段をもっています。寒さに当たると凍りつかないように水分の摂取を控え、細胞内の糖分濃度を高くして身を守ろうとするのです。

 

この性質を利用した栽培方法を「寒じめ」と言い、こうして育った野菜を人間が食べると「甘い」と感じます。ビタミンCの含有量も、通常の場合の倍程度になると言われます。

 

■『NHK 趣味の園芸 やさいの時間』2013年1月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000057062019_01_136

クジラアタマの王様

2019年07月09日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992842019_01_136

NHK趣味の園芸 多肉植物 パーフェクトブック

2019年06月25日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000061992812019_01_136

NHKすてきにハンドメイドセレクション すっきり見えて心地よい チュニック&パンツ

2019年05月21日発売

定価 1404円 (本体1300円)