趣味

絵本作家 荒井良二さんの「自己紹介としての1冊」


2013.11.07

『あさになったので まどをあけますよ』(偕成社 2011年出版)撮影:福田稔

「絵本を作ってみたい」という人のために、絵本との向き合い方から、実際の描き方までをレクチャーする番組『NHK趣味Do楽 荒井良二の絵本じゃあにぃ』。講師を務める絵本作家の荒井良二(あらい・りょうじ)さんが、自らを紹介する1冊として選んだのは、昨年第59回産経児童出版文化賞大賞を受賞した『あさになったので まどをあけますよ』でした。

 

*  *  *

 

自己紹介として自分の本を1冊選ぶなら、『あさになったので まどをあけますよ』をあげるかな。

 

この本は、なだらかな山の見える村や、高いビルが集まる町、外国らしき風景や色とりどりの自然に囲まれた土地など、さまざまな場所の朝を描いた絵本です。それぞれの場所で朝を迎えた子どもたちが、窓をあけます。

 

ぼくはなるべく具体的なものを描かないで、具体的なものを感じさせるように描く。気配を描くというか。

 

例えば、この森の中の一軒家のページ。家を囲むように、色とりどりの風景がある。緑は、さまざまな木々の、伸び伸びと広がる葉や葉影であり、もしかしたら、まだ青い果実かもしれない。赤やピンク、黄色の部分は、花かもしれないし、熟した果実かもしれない。あるいは、強い日差しがあったり、あざやかな南国の鳥がいるのかもしれない。

 

読む人によって見えるものが異なる。でも、「朝、窓をあける」がテーマだから、家だけは、はっきりと描いてある。

 

読む人によって見える景色がちがうのが、ぼくの線、ぼくの色です、と言えるかな。

 

■『NHK趣味Do楽 荒井良二の絵本じゃあにぃ』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162702019_01_136

俳句を愛するならば

2019年09月20日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000000057022019_01_136

NHK連続テレビ小説 なつぞら(下)

2019年08月29日発売

定価 1512円 (本体1400円)

000000162682019_01_136

NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

2019年07月20日発売

定価 1404円 (本体1300円)