趣味

凍らせてから干す、自家製切り干しダイコンの作り方


2013.03.02

ダイコンをネットで覆い、ゴムバンドで留める。日当たりのよい場所に置き、しっかり乾燥したらできあがり
撮影:渡辺七奈

冬の楽しみといえば、寒風を利用した干し野菜作り。自家製の干し野菜を常備しておけば、もう一品おかずが欲しいときなどにとても便利だ。ボックスかトレイの端に粘着テープで防虫ネットを固定し、ネットを1周半巻けば干し野菜用ネットは簡単に作れる。園芸家の深町貴子さんに切り干しダイコンの作り方を教わった。

 

*  *  *

 

今回は、野菜を干す広い場所がない人や、プランターで少量の野菜を栽培している人がベランダでもできる、根菜類の深町流のスピード干し野菜をご紹介します。

 

野菜は、冷凍庫でいったん凍らせてから干すと、完成までの時間が大幅に短縮できます。仕事や家事で忙しい人も、狭い場所で、ちょっとの野菜で短期間でできるので、ぜひ挑戦してみてください。

 

1 スライサーか包丁で食べやすい大きさにダイコンを細切りし、ジッパー付きの保存袋に入れて冷凍庫で凍らせる。

 

2 干す数時間前に冷凍庫から取り出して室温で解凍し、水けを絞って重ならないようにネットの上に広げる。

 

3 ダイコンをネットで覆い、ゴムバンドで留める。日当たりのよい場所に置き、しっかり乾燥したらできあがり。

 

■『NHK 趣味の園芸 やさいの時間』2013年1月号より

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000000162602018_01_136

NHK囲碁シリーズ 目指せ中級 序盤の基礎力アップ

2018年07月14日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000056972018_01_136

ルーム・オブ・ワンダー

2018年08月25日発売

定価 1620円 (本体1500円)

000061992702018_01_136

そのまま切って使える型紙BOOKシリーズ 高橋恵美子の 手ぬいのベスト&パンツ

2018年09月18日発売

定価 972円 (本体900円)