趣味

いま、フクジュソウが静かなブームに…海外マニアも注目


2013.03.06

フクジュソウ
撮影:今井秀治

雪解けの野山に花開き、早春植物として知られるフクジュソウ。山野草栽培家の富澤正美(とみざわ・まさみ)さんによると、最近フクジュソウの人気が高まり、一部で静かなブームになっているという。

 

*  *  *

 

暖かい日ざしに向かって黄金色の花を開くフクジュソウは、お正月の祝いの花として知られ、古くから園芸品種も作出されている、根強い人気の花です。

 

早いものでは年明けとともに芽出し(地上に芽が出てくること)が始まり、早春に開花、梅雨のころには葉を落とし長い休眠に入る代表的な早春植物(スプリング・エフェメラル=春の妖精)です。最近では一部で交配による新花作出(‘朱宝’‘白宝’など)も始まり、静かなブームになりつつあります。

 

野生のフクジュソウは里山の雑木林に多く見られ、現在日本各地に4種が自生しています。雪解けとともに次々と開花し、ときに大群落をつくるので、各地に花の名所があります。最近では海外のマニアにも注目されています。

 

■『NHK 趣味の園芸』2013年2月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000162682019_01_136

NHK俳句 ひぐらし先生、俳句おしえてください。

2019年07月20日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000000162692019_01_136

体感訳 万葉集

2019年07月25日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000064072492019_01_136

韓国ドラマ「100日の郎君様」公式ガイドブック

2019年07月17日発売

定価 1512円 (本体1400円)