趣味

芭蕉が『おくのほそ道』で伝えたかったこと


2013.10.19

芭蕉が曾良とともに舟に乗って島めぐりをした宮城県松島にて。雄島対岸の砂浜で海を見つめる長谷川氏。撮影:今井 卓

『おくのほそ道』を単なる旅行記ではなく、虚実が入り交じった文学作品として捉えようと語るのは、俳人の長谷川櫂(はせがわ・かい)氏。では、『おくのほそ道』は何を伝えるために、文学としてあろうとしたのか。長谷川氏に話を聞いた。

 

*  *  *

 

芭蕉はなぜ『おくのほそ道』を書いたのか。『おくのほそ道』が単なる旅行記でないとすれば、この本には何が書かれているのか。それを知るためには『おくのほそ道』だけを読むのではなく、今一度、芭蕉の人生の流れのなかにこの本を戻して読まなくてはなりません。

 

そこで重要な節目として浮かんでくるのが古池の句です。

 

古池や蛙飛(かわずとび)こむ水のおと

芭蕉

 

貞享三年(1686年)に詠まれたこの句は、それまで他愛ない言葉遊びでしかなかった俳句にはじめて心の世界を開いた「蕉風(しょうふう)開眼の句」でした。芭蕉はこの古池の句から死までの8年間、この句が開いた心の世界を自分の俳句でさまざまに展開し、門弟たちに広めてゆきます。それはじつに密度の濃い8年でした。

 

そのなかで古池の句の3年後に出かけたのが『おくのほそ道』の旅でした。芭蕉は歌枕の宝庫といわれたみちのく(東北地方の太平洋側、福島、宮城、岩手、青森の四県)で心の世界を存分に展開しようとしたのでした。歌枕は現実に存在する名所旧跡とちがって、人間が想像力で創り出した架空の名所です。みちのくは辺境の地であったためにその宝庫だったのです。

 

芭蕉の旅はみちのくを訪ねたあと、今度は日本海側へ抜けて大垣までつづきます。その間、芭蕉は不易流行(ふえきりゅうこう)と「かるみ」という二つの重要な考え方をつかむことになります。不易流行とは宇宙はたえず変化(流行)しながらも不変(不易)であるという壮大な宇宙観です。また、「かるみ」とはさまざまな嘆きに満ちた人生を微笑をもって乗り越えてゆくというたくましい生き方です。

 

『おくのほそ道』の旅の出発当初の目的は、みちのくの歌枕を訪ねて心の世界の展開を試みることだったのですが、その心の世界は帰り道にさらなる展開をとげ、芭蕉は思いもしなかった旅みやげを二つも手にしたというわけです。

 

『おくのほそ道』をただの旅行記としてではなく、芭蕉の人生の中にすえて読むことによって、悲しみや苦しみに満ちたこの世界をどう生きていったらいいのかと問いつづける芭蕉の姿が浮かびあがってくるのです。それは大震災後を生きる人々への大きな示唆となるにちがいありません。

 

■『NHK 100分de名著』2013年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

NHK連続テレビ小説 わろてんか 上

2017年09月25日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000000817222017_01_136

西郷どんとよばれた男

2017年08月29日発売

定価 1188円 (本体1100円)