健康

ラジオ体操 健康長寿につながる3つの効果


2020.11.10

イラスト:サンダースタジオ

今、世の中は「人生100年時代」といわれるようになり、健康寿命を延ばすことへの関心が高まっています。国民の健康増進のためにつくられた「ラジオ体操」は、まさに健康で長生きしたい人にぴったり。大変身近で効果的な体操です。ラジオ体操を行うことによる具体的な効果について、全国ラジオ体操連盟名誉会長の青山敏彦(あおやま・としひこ)さんと、全国ラジオ体操連盟指導委員の藤元直美(ふじもと・なおみ)さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

1 体の悪いクセを取り除く

 

体のゆがみの原因となるのが、生活習慣や運動不足によって起こる体の悪いクセ。ラジオ体操で全身をまんべんなく動かすと、このクセが取り除かれやすくなり、動きづらさや不調の改善が期待できます。

 

2 生活に必要な筋力を保つ

 

筋肉は、使えば動きがよくなり、使わなければ衰えてしまいます。ラジオ体操で筋肉を継続的に刺激することで、日常生活に必要な筋力を保つことが期待できます。

3 とっさに動ける力を維持する

 

ラジオ体操のリズムに乗り遅れないように体を動かすことで、日常生活でサッと避けたりパッと手をついたりできる、体をコントロールする力(調整力、反応力)の維持が期待できます。さらに、適度な柔軟性や関節の可動域を保てるため、転倒やけがの予防にもつながります。

 

■『NHKまる得マガジン 誰にでも最大限の効果を!正しいラジオ体操』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000067941892020_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの頻尿・尿もれ・便失禁

2020年07月30日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000067941882020_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの高血圧

2020年4月27日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000067941872020_01_136

別冊きょうの健康 シニアの狭心症・心筋梗塞

2020年02月21日発売

定価 1210円 (本体1100円)