健康

「ラジオ体操を正しくできる人」実はほとんどいない


2013.03.04

ラジオ体操の一つ一つの動作には、目的や狙いがあるため、何となく体を動かすだけでは効果は期待できないという。
撮影:藤田浩司

日本人なら誰でも知っているラジオ体操だが、「子どものころ、何となく覚えたという人が多く、正しくできる人はほとんどいません」と話すのはNHKラジオ・テレビ体操指導者の多胡肇(たご・はじめ)さん。知っているようで知らない「ラジオ体操」の真実とは?

 

*  *  *

 

ラジオ体操は軽い運動だと思われていますが、正しく行うと、汗をかいたり、翌日筋肉痛になる人がたくさん出ます。実は、かなりの運動量なのです。

 

ラジオ体操はストレッチ、筋力トレーニング、有酸素運動で構成された効率のよい全身運動です。さらに、加齢によって衰えがちなバランス感覚、瞬発力、敏しょう性などを養うメニューも組み込まれているので、日頃運動不足で体の衰えが気になっている人におすすめです。

 

やってしまいがちなNGポイントを改善するだけで、また、体のどの部分をどう動かすのか理解するだけで、飛躍的に運動効果が高まります。もちろん一朝一夕にというわけではありませんが、毎日丁寧に続けることで、若々しく動ける体になっていきます。

 

■『NHK まる得マガジン たった3分で若さ復活! これが正しいラジオ体操』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000067941882020_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの高血圧

2020年4月27日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000067941872020_01_136

別冊きょうの健康 シニアの狭心症・心筋梗塞

2020年02月21日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000067941862019_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニア女性の骨盤臓器脱

2019年12月09日発売

定価 1210円 (本体1100円)