健康

日々の活動量を増やすとこんなにいいことが!


2020.08.04

イラスト:いしいひろゆき

「健康のためには運動しなければいけない」というイメージがあるかもしれませんが、実は、家事をして体を動かしているほうが、運動するより活動量が多いこともあるのです。近畿大学生物理工学部准教授の谷本道哉(たにもと・みちや)さんが、日常生活でテキパキ動くメリットを解説してくれました。

 

*  *  *

 

運動しなくても、日々の活動量は増やせます!

 

健康を保つためには、「身体活動量」を増やすことが有効だといわれています。「身体活動量」とは、家事や通勤など日常生活の中で行っている「生活活動」と、スポーツなど体力維持や向上のために行っている「運動」の2つを合わせたものです。

 

では、身体活動量を増やすためには、どうすればいいのでしょうか? 単純に考えるなら「運動する」という答えになりそうですが、運動習慣のない人や運動が苦手な人にとっては、なかなか難しいものです。

 

そこで注目したいのが「生活活動」の部分です。通勤や買い物のために歩いたり、階段を上ったりという動きは、意外と多くのエネルギーを消費します。ですから、運動をしなくても、日常生活をテキパキすれば、身体活動量を増やすことはできるのです。

 

活動量を増やすとこんないいことが!

 

いいこと1 太りにくく、病気になりにくい

 

食事や運動、ストレス、喫煙、飲酒などの生活習慣と深く関わっている、糖尿病や高血圧症、脂質異常症、肥満、心臓病、脳卒中などの生活習慣病の予防につながります。

 

いいこと2 いつまでもアクティブに動ける

 

加齢による筋力の低下などにより足腰が衰え、自分で生活する機能が低下してしまうロコモティブシンドローム(運動器症候群)や認知症のリスクを下げることにつながります。

 

■『NHKまる得マガジン 毎日テキパキ! お手軽“生活トレ”で快適ボディー』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000067941882020_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの高血圧

2020年4月27日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000067941872020_01_136

別冊きょうの健康 シニアの狭心症・心筋梗塞

2020年02月21日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000067941862019_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニア女性の骨盤臓器脱

2019年12月09日発売

定価 1210円 (本体1100円)