健康

女性らしいメリハリボディーへの第一歩は「お尻」から


2019.05.22

テニスボールを使って凝り固まった筋肉をほぐしましょう。詳しい方法はテキストをご覧ください。撮影:平田かい

女性らしいメリハリのあるボディーの要となるのが「お尻」。スタイルに自信を持つためにまず取り組みたいのが、お尻の筋肉を鍛えるトレーニングです。パーソナルトレーナーの岡部友(おかべ・とも)さんに、お尻を鍛えることの重要性を教えてもらいました。

 

*  *  *

 

なぜ、お尻を鍛えることが重要なの?

 

多くの女性が、自分のお尻に対して「脂肪がついている」「垂れ下がっている」「形が悪い」……、などのコンプレックスを持っています。そういった女性の中には、痩せればお尻の形もよくなると思い、ダイエットに励む人もいるようですが、脂肪を落として痩せても女性らしい丸みのあるお尻にはなりません。

 

「美しく女性らしい体とは、お尻にほどよく脂肪がついて丸みがあり、ウエストとお尻の高低差のある体だと考えています」と岡部さん。むしろ脂肪は、美しい体を作るためになくてはならないものだといいます。

 

今ある脂肪を生かしながら、立体感のあるお尻にするために必要なのが、お尻の筋肉を鍛えるトレーニング。いわゆる「筋トレ」です。お尻の筋肉を鍛えれば、お尻のトップ(最も厚みのある位置)が上のほうになり、見た目の印象が大きく違ってくるそう。

 

さらに岡部さんは、お尻を鍛えることは見た目だけではない効果があると語ります。「お尻は上半身と下半身をつなぐ大事な筋肉。一番使わなければいけないのに、使えていない人が多く、その結果、他の筋肉に負担をかけて腰痛やひざ痛、股関節痛に悩む人も多いようです。しっかり鍛えて本来の機能を取り戻せば、そういった悩みも解決できるので、ぜひ取り組んでみてください。毎日の継続で体は必ず変わります!」

 

目指すべきは女性らしく機能的なお尻

 

いざ、お尻を鍛えようと思っても、大半の人はお尻の筋肉をうまく使うことができません。「ふだんの生活で座っていることが多い現代人は、お尻の筋肉が働きづらくなっています。動かし方を忘れて眠ってしまっている状態です。その代わりにお尻まわりの筋肉に負担がかかり、凝り固まってしまっています」と岡部さん。

 

そこで、テキストに掲載しているトレーニングでは、がむしゃらにトレーニングするのではなく、まずは凝り固まっているお尻まわりの筋肉を「ほぐす」ところからスタート。しっかりほぐしてニュートラルな状態にしたら、次は眠っているお尻の筋肉を「目覚めさせる」ために、刺激を入れるトレーニングをします。お尻の筋肉が目覚めたら、いよいよお尻の筋肉を「鍛える」トレーニングです。このようなステップを踏むことで、どんな人でも無理なく効果的にトレーニングを行うことができます。

 

しっかりお尻に筋肉がついてきたら、日常生活で使えるお尻を目指す「機能アップエクササイズ」に取り組みましょう。歩いたり、階段を上ったりといった、日常の何気ない動きが楽になったら、毎日がもっと快適になるはずです。

 

■『NHK趣味どきっ!「筋トレ」でなりたい自分になる! メリハリ美筋ボディー』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992742018_01_136

NHKまる得マガジンMOOK 3秒から始める 腰痛体操&肩こり体操

2018年12月05日発売

定価 918円 (本体850円)

000067941832019_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの心臓が危ない!

2019年01月18日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000067941802018_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアのひざの痛み

2018年01月18日発売

定価 1188円 (本体1100円)