健康

スイスイ歩く決め手は「全身の柔軟性」


2018.10.05

撮影:神ノ川智早

「無理なくスイスイ歩くためには全身の柔軟性が大切」と、足専門クリニックの院長・桑原 靖(くわはら・やすし)さんは指摘します。

 

*  *  *

 

歩く、走る、跳ねるといった足の動きを無理なく行うためには、全身の柔軟性が大切です。足を動かすときは、ふくらはぎや太ももだけでなく、そこにつながる腰回りや上半身の筋肉が補い合って動いています。その動きと連動しているのが、足首や膝の関節、股関節をはじめとした全身の関節です。

 

関節が硬ければ、可動域が狭まり、スムーズに足を動かせません。例えば足首が十分に曲がらなかったり、股関節が動かしづらかったりすると、おかしな歩き方になってしまいます。見た目だけでなく、無理のある動きをしてどこかに負荷が集中し、足の痛みや疲れにつながります。

 

足にトラブルのある人は、特に股関節が硬い傾向があります。股関節を中心に、全身の関節を柔軟にするストレッチで柔軟にしましょう。

 

 

ストレッチの前に股関節の柔軟性チェック

 

あおむけになり、片方の膝を両手で抱えて胸にできるだけ引き寄せる。もう一方の膝が曲がらなければ合格。膝が曲がってしまうのは股関節が硬いサインです。 68272722018_p023_01 ※テキストでは、股関節や背中のストレッチをご紹介しています。

 

■『NHKまる得マガジン 元気足の作り方 美と健康のためのセルフケア』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000067941802018_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアのひざの痛み

2018年01月18日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000067941792017_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの糖尿病

2017年11月21日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000067941782017_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの脊柱管狭窄症

2017年05月18日発売

定価 1188円 (本体1100円)