健康

すべての土台は尻にあり


2018.07.23

イラスト:Shu-Thang Grafix

姿勢を保つのがつらい、歩くとすぐに疲れてしまう……。そんな人は、お尻の筋肉に注目しましょう。お尻は、肩や腰のように硬さを実感することは難しいですが、実は柔軟性が低下しやすい部分です。しかも、骨盤を安定させる役割を果たすので、最もケアしなければいけません。お尻の筋肉の重要性を、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

お尻の筋肉は体の安定に欠かせません。

 

上半身と下半身のつなぎ目にあるのが骨盤。この骨盤を下と横からグッと支えているのがお尻の筋肉です。立ったり座ったりするときに、お尻の筋肉がしっかりしていないと、上半身も下半身もグラグラしてしまいます。その状態が続くと、肩こりや腰痛、関節痛など、体にさまざまなトラブルが起きてしまう可能性が。逆にいえば、お尻の筋肉を動かしやすくしておけば、快適に生活できるということなのです。

 

ストレッチだけでなく筋トレもプラスして

 

運動不足で脚を動かしていない人は、お尻の筋肉が硬くなりがち。まずはストレッチをして柔軟性を取り戻すことが重要ですが、それだけでは体を安定させることができません。ストレッチに加えて行ってほしいのが、お尻の筋トレ。苦手な人もいるかもしれませんが、最初は少ない回数からでもいいので、ぜひトライしてみてください。立つ、歩くなどの日常動作がぐんとラクになりますよ。

 

※テキストでは中臀筋(ちゅうでんきん)、大臀筋、大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)を伸ばして鍛えるトレーニングを紹介しています。

 

■『NHK趣味どきっ! 続・体が硬い人のための柔軟講座』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000064072502019_01_136

NHK出版 学びのきほん からだとこころの健康学

2019年09月25日発売

定価 737円 (本体670円)

000067941852019_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの骨粗しょう症・圧迫骨折を防ぐ!

2019年07月22日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000067941842019_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの逆流性食道炎

2019年06月21日発売

定価 1210円 (本体1100円)