健康

椅子ヨガでリラックス


2018.07.03

撮影:藤田浩司 

マットがなくても椅子があればできる椅子(チェア)ヨガ。リラックスしたいときにも、椅子ヨガはうってつけです。

 

*  *  *

 

たっぷり息を吐こう!

 

私たちの体は、交感神経、副交感神経という自律神経によってコントロールされています。活動時に優位になるのが交感神経、リラックス時に優位になるのが副交感神経。ふたつの神経のバランスがとれていないと、体や心の調子が整いません。また、日々忙しく、ストレスを抱えやすい現代人は交感神経が優位になりがちで、リラックスするのが苦手。今回は、リラックス効果の高いポーズをご紹介。肩甲骨をしっかり動かすなど、動きと一緒に深い呼吸をすることで、副交感神経が優位な状態に導きます。ひと休みしたいときなどに取り入れてみてください。

(ヨガインストラクター・トレーナー、介護予防運動指導員の山田いずみさん)

 

前かがみの姿勢には深いリラックス効果が

 

呼吸では吐くときに、体をリラックスさせる際に働く副交感神経が優位になります。この回で紹介するポーズには、息を吐きながら前かがみになるものが出てきますが、この体勢は、赤ちゃんがお母さんのおなかの中にいるときに似ています。こうした安心できる前かがみのポーズで深く息を吐き切ることで、より大きなリラックス効果が期待できます。

(医学コメント・監修:産婦人科専門医、医学博士、スポーツドクターの高尾美穂さん)

 

※テキストでは、ポーズを写真入りで詳しく解説しています。

 

■『NHKまる得マガジン 誰でも椅子(チェア)ヨガ』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000067941802018_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアのひざの痛み

2018年01月18日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000067941792017_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの糖尿病

2017年11月21日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000067941782017_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの脊柱管狭窄症

2017年05月18日発売

定価 1188円 (本体1100円)