健康

開脚ができないのはココが硬いから


2017.09.13

イラスト:Shu-Thang Grafix

開脚ができないと嘆いている皆さん! ご安心ください。どんなに体が硬くても、毎日続ければ絶対に柔らかくなるストレッチをご紹介します。「180度開かないと柔軟性がないのでは?」と誤解している人も多いようですが、目指すべきは、股関節に無理のない開脚です。開脚をするために知っておきたいことを、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一(なかの・じぇーむず・しゅういち)さんにうかがいました。

 

*  *  *

 

そもそも、どこが硬いの?

 

太もも内側のいわゆる「内もも」の筋肉が硬くなっているため、脚を横に開きづらくなっていると考えられます。この部分には筋肉がいくつかあり、これらをまとめて「股関節内転筋群」と呼びます。

 

 

開脚、ここまでできればOK

 

「股関節内転筋群」の硬さを取るため、ストレッチを行いましょう。開脚をしたときに、90度程度まで開けばOK です。

 

※テキストには開脚のためのストレッチを5種類紹介しています。

 

2017年9月12日(火) 午後9時30分 NHK Eテレで 柔軟講座 第7回「姿勢ピシッと!いつまでも美しく」を放送予定です。
※ニュースや地震の関連番組などにより放送を変更、休止する場合があります。

 

■『NHK趣味どきっ! 体が硬い人のための柔軟講座』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2018_300x56

000067941802018_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアのひざの痛み

2018年01月18日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000067941792017_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの糖尿病

2017年11月21日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000067941782017_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの脊柱管狭窄症

2017年05月18日発売

定価 1188円 (本体1100円)