健康

目指せスポーツカー! 熱トレでぐんぐん燃やせる体を手に入れよう


2017.07.19

イラスト:前田はんきち

「ちょっと食べただけで太る」とか「ダイエットしても効果が出ない」と感じることはありませんか? 「そんなお悩みの根底にあるのが、体の熱産生の低下です」と指摘するのは、整形外科医、医学博士、スポーツドクターの中村格子(なかむら・かくこ)さんです。

 

*  *  *

 

熱産生とは、人間が持っている、自分で熱(エネルギー)をつくり出す機能のこと。熱産生の働きが高く代謝のいい体なら、摂取したエネルギーや体脂肪をしっかり燃やせます。逆に、熱産生の低い体では効率よく燃やせません。そのため、余ったエネルギーは体脂肪としてため込まれ、太りやすい体になっていきます。

 

「熱トレ」とは、熱産生を高めるトレーニングのこと。トレーニングというと、「運動」と考えがちですが、「熱トレ」は、運動と食事の両面からアプローチします。

 

車に例えてご説明しましょう。20代のころの代謝のいい体は、馬力のある大きなエンジンを搭載したスポーツカーのようなもの。ガソリンをどんどん燃やし、大きなパワーをつくってすいすい走れます。ところが年齢を重ねると、エンジンは次第に小さくなり、パワーのない小型車に。このまま放っておけば燃焼効率はさらに低下し、ちゃんと走れなくなります。

 

エンジンが回りにくくなった車を走れる車にするためには、メンテナンスを施してエンジンを動かし、ガソリンやオイルを補給することが必要。それこそが「熱トレ」なのです。運動で筋肉をつけることによって“エンジン”をパワーアップし、バランスのいい食事によって、燃料である“ガソリン” やエンジンを円滑に回す“オイル”などをチャージ。トータルで、熱産生の高い体づくりを目指します。

 

代謝の低下を実感している方も、「もう年だから」とあきらめることはありません。「熱トレ」を行えば、代謝が上がり、燃焼効率のいい太りにくい体に。さらに、疲れにくく、元気に動ける若々しい体になれるでしょう。

 

スポーツカーのようなぐんぐん燃やせる体を目指そう!

 

「熱トレ」とは、熱産生を高め代謝のいい体をつくること。「熱トレ」を行えば、大きなエンジンを載せたスポーツカーのようにたくさんのエネルギーを燃やして、アクティブに、元気に動ける若々しい体に近づけます。

 

熱産生の高い体はスポーツカー

 

熱産生の高い体は、大きなエンジンでたくさんのエネルギーを燃やして走るスポーツカー。摂取したエネルギーをどんどん燃やし、元気に動けるうえ、脂肪もしっかり燃焼できて太りにくい!

 

燃料である食事は車のガソリン

 

車が走るには、燃料であるガソリンや、エネルギーを生み出す回路を円滑に回すオイルなどが必要。「熱トレ」では、代謝サイクルに合わせた食べ方で、代謝アップを図る。

 

燃焼を担う筋肉は車のエンジン

 

体で最もたくさんエネルギーを燃やす筋肉は、車のエンジンにあたる存在。筋肉量を増やすことは、馬力のあるエンジンを手に入れることと同じで、「熱トレ」に最も重要な要素。

 

■『NHKまる得マガジン “熱トレ”で健康的にシェイプアップ!』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000067941782017_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの脊柱管狭窄症

2017年05月18日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000000113482016_01_136

NHK出版 病気がわかる本 パーキンソン病を知りたいあなたへ

2016年09月28日発売

定価 1296円 (本体1200円)

000067941772016_01_136

別冊NHKきょうの健康 脳梗塞

2016年12月19日発売

定価 1188円 (本体1100円)