健康

陸上よりも安全な水中イージージョグ


2016.08.05

撮影:神ノ川智早

「ジャンプ」の要素が加わると、ウォーキングの運動量がアップし、筋肉の引き締め効果や脂肪燃焼効果が高まります。特に、美脚効果は絶大。水の抵抗による負荷がかかっても、関節などへの負担は小さく、陸上でジョギングやランニングをするより安全です。よりハードに鍛えたいときにとり入れましょう。中央大学理工学部教授で水泳部監督の高橋雄介(たかはし・ゆうすけ)さん(※)に教えてもらいました。

 

*  *  *

 

陸上にはない水の抵抗を感じて走る

 

まずは、軽いジョギングから。陸上なら楽にできるジョギングですが、水中だと水の抵抗があるため、前に進もうとすると姿勢が崩れやすくなります。水の抵抗に負けないように、体幹を意識してまっすぐな姿勢を保つことが大事。慣れてきたら、後ろ向きでジョギングしたり、つま先立ちでジョギングしたり、少しアレンジを加えてみてもよいでしょう。

 

ステップ1:姿勢を正して立ち、ジョギングするように片足で地面を蹴る。少し飛び跳ねるような動きになる。

68272452016_p048_02

ステップ2:反対の足でしっかり着地する。これを繰り返して進む。

68272452016_p048_01

 

※高橋雄介さんのお名前の「高」の字は、正しくは「はしごたか」です。

 

■『NHKまる得マガジン 水中ウォーキングで めざせ!“すっきりボディー”』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • sokutei300

000000113482016_01_136

NHK出版 病気がわかる本 パーキンソン病を知りたいあなたへ

2016年09月28日発売

定価 1296円 (本体1200円)

000067941772016_01_136

別冊NHKきょうの健康 脳梗塞

2016年12月19日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000000113472016_01_136

日本健康マスター検定 公式テキスト

2016年08月10日発売

定価 2700円 (本体2500円)