健康

基本の水中ウォーキング


2016.08.04

イラスト:竹永絵里

さまざまな利点がある水中ウォーキングウォームアップでしっかりと体をほぐしてから、歩き始めましょう。すべての水中ウォーキングの基本となる「レギュラーウォーク」のポイントを中央大学理工学部教授で水泳部監督の高橋雄介(たかはし・ゆうすけ)さん(※)に伺いました。

 

*  *  *

 

体を安定させながらしっかり歩く感覚をつかむ

 

いよいよ水中ウォーキングのスタート! まずは、水の中で普通に歩いてみましょう。水のやわらかい抵抗がかかる水中では、体が不安定になって陸上のようにスイスイとは歩けません。実は、この不安定さがポイント。軸を安定させながら一歩一歩前進するだけで、筋肉が使われ、高い運動効果が得られるのです。姿勢が崩れないようにしっかりと背すじを伸ばし、いつもより少し大股で歩いてください。この歩き方が、すべてのウォーキングの基本になります。

 

ステップ1:背すじをまっすぐに伸ばし、大股で片足を踏み出し、かかとから着地する。 68272452016_p014_01

ステップ2:踏み出した足に体重を移動させ、しっかり踏み込んでから、後ろの足のつま先で体を前へ押し出す。

68272452016_p014_02

 

ステップ3:「かかとから着地してしっかり踏み込む」を繰り返して、プールの端まで歩いてみる。

68272452016_p014_03

 

※高橋雄介さんのお名前の「高」の字は、正しくは「はしごたか」です。

 

■『NHKまる得マガジン 水中ウォーキングで めざせ!“すっきりボディー”』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • sokutei300

000000113482016_01_136

NHK出版 病気がわかる本 パーキンソン病を知りたいあなたへ

2016年09月28日発売

定価 1296円 (本体1200円)

000067941772016_01_136

別冊NHKきょうの健康 脳梗塞

2016年12月19日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000000113472016_01_136

日本健康マスター検定 公式テキスト

2016年08月10日発売

定価 2700円 (本体2500円)