健康

年をとると脳は衰えるの?


2015.03.15

イラスト:前田はんきち

年をとるほど脳は衰えていく。脳に対して、そんなマイナスのイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。しかし、諏訪東京理科大学共通教育センター教授の篠原菊紀(しのはら・きくのり)さんは「じつはこれ少なくとも半分は間違っている話なのです」と指摘します。

 

*  *  *

 

Q 年をとるの脳は衰えるの?

 

A:いいえ、それは半分はうそ。衰える傾向にある知能もあるけれど、その反対に伸びていく知能もあります。

 

 

脳には大きく分けて2つの能力があります。そのひとつが流動性知能。新しいことを覚え、新しい環境に適応していくのに必要な記憶力などの能力です。こちらは個人差はありますが18〜25歳くらいがピークといわれ、確かに年齢とともに衰えていく傾向があります。

 

けれど、もうひとつの能力、結晶性知能、こちらは簡単にいうと知恵や知識や経験のことを指します。この知能は年齢を重ねるほど、人が生きているかぎり蓄えられ増えていきます。そして、統括性知能といわれる、人を率いたり仕事をまとめたりするのに必要なマネジメント能力なども40歳、50歳と経験を重ねて伸びていきます。つまり、脳には年齢を重ねることで成長する側面が多々あるのです。むしろ人の脳は年をとればとるほどよくなるといってもよいでしょう。

 

■『NHKまる得マガジン 頭と身体を健康に! イキイキ脳トレ体操』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • sokutei300

000000113482016_01_136

NHK出版 病気がわかる本 パーキンソン病を知りたいあなたへ

2016年09月28日発売

定価 1296円 (本体1200円)

000067941772016_01_136

別冊NHKきょうの健康 脳梗塞

2016年12月19日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000000113472016_01_136

日本健康マスター検定 公式テキスト

2016年08月10日発売

定価 2700円 (本体2500円)