健康

床で行うホットヨガの基本「起き上がりの方法」を覚えよう


2014.01.26

「起き上がりのポーズ」はこの形を目標に続けましょう。 撮影:岡田ナツ子

暖かい室内で行うホットヨガは、体の硬い人でも筋肉や関節がほぐれやすく、汗をかくことで老廃物も排出され、体を内から外まで美しくしてくれます。

 

床で行うさまざまなポーズの練習では、「しかばねのポーズ」から次のポーズを行うときに床から体を起こします。そのときに使われるのが、この「起き上がりの方法」です。あおむけになった状態からおなかの筋肉を使って体を起こすので、腹筋が鍛えられます。ビクラムヨガティーチャーの三和由香利(みわ・ゆかり)さんにレクチャーしていただきました。

 

起き上がりの方法 – Sit Up

 

Step1

あおむけになり、「しかばねのポーズ」を行う。

 

68272152014_p016_01

 

Step2

あおむけのまま、両腕を頭上に伸ばし、両手の親指を交差させる。このとき、つま先は立て、手のひらは天井に向ける。

 

68272152014_p016_02

 

Step3

息を吸い、腕を伸ばしたまま、おなかの筋肉を使って素早く起き上がる。

68272152014_p016_03

Step4

息を吐きながら、両手の指先を足の親指につける。足の指先に手が届かない場合は、まずは届くところまででOK。

68272152014_p016_04

 

Step5

足の親指をつかみ、指先を2回引っ張りながら額をひざにつけ、ひじを床につける。

68272152014_p016_05

 

「起き上がりのポーズ」はおなかの筋肉を強くして引き締めるほか、背骨も柔軟にする効果が期待できます。首や腰の痛い人は、両手をついて起き上がってもよいでしょう。

 

■『NHKまる得マガジン アンチエイジングを目指す! 寝て・座って ホットヨガ』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000067941852019_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの骨粗しょう症・圧迫骨折を防ぐ!

2019年07月22日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000067941842019_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニアの逆流性食道炎

2019年06月21日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000061992742018_01_136

NHKまる得マガジンMOOK 3秒から始める 腰痛体操&肩こり体操

2018年12月05日発売

定価 918円 (本体850円)