健康

たくさんの酸素を取り込めるホットヨガの深呼吸


2014.01.17

立って深呼吸。撮影:岡田ナツ子

暖かい環境で体を動かすホットヨガは、血液の循環をよくし、内臓の働きを活性化する効果が期待できます。ビクラムヨガティーチャーの三和由香利(みわ・ゆかり)さんに基本の呼吸法を教わりました。

 

*  *  *

 

ホットヨガを行う準備として、まずは呼吸法の練習から始めましょう。両脚をそろえて立ち、鼻からゆっくり息を吸って、口からゆっくり吐きます。息を吸うとき両腕を高く持ち上げますが、こうすることで胸の筋肉が広がり、肺にたくさんの酸素を送り込むことができます。この呼吸法を行っていると体の隅々が目覚めてきて、元気が出てくるのが実感できます。

 

Step1 両脚をそろえて立つ。かかとだけでなく、つま先もきちんとつける。

 

Step2 両手の指を組み合わせて、あごの下につけ、続いてひじもできるだけよせて、肩の力を抜く。

68272142013_p008_01

 

Step3 両手の指をあごの下につけたまま、6秒間かけて鼻からゆっくり息を吸いながら両ひじを上げていく。ひじは天井に向けてできるだけ高く持ち上げる。息を吸うときに、息( 空気)がのどを通るのを意識する。このとき胸を張り、背骨を伸ばし、肺をいっぱいに広げる。

68272142013_p008_02

 

Step4 息がのどを通るのを意識しながら、6 秒間かけて口からゆっくりと息を吐き出す。それと同時に頭を後ろに倒しながら、両ひじを前(できるだけ高い位置)で合わせる。目はあけたままで行う。

 

Step5 鼻から息を吸い込んで、頭を正面に戻し、両ひじを天井へ。両腕と頭の動きは連動して行う。同じようにしてステップ4・5を10回繰り返す。終わったら、両腕を左右に下ろして休む。

68272142013_p008_03

 

■『NHKまる得マガジン 心と体をほぐす 初めてのホットヨガ』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000067941872020_01_136

別冊きょうの健康 シニアの狭心症・心筋梗塞

2020年02月21日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000067941862019_01_136

別冊NHKきょうの健康 シニア女性の骨盤臓器脱

2019年12月09日発売

定価 1210円 (本体1100円)

000064072502019_01_136

NHK出版 学びのきほん からだとこころの健康学

2019年09月25日発売

定価 737円 (本体670円)