教養

写経の入門に最適な「懺悔文」 その意味とは


2013.06.26

心の平穏を取り戻せる「写経」を始める人が増えている。筆の扱いに慣れてきたら、まずは短い「懺悔文(さんげもん)」に挑戦したい。「誰かに迷惑をかけてしまった、友人とけんかしてしまったなど反省したいときは『懺悔文』を書いてみませんか?」と提案するのは書家の利根川秀佳(とねがわ・しゅうか)さん。その意味を知り、一文字一文字心を込めて書いてみよう。(監修:大角修)

 

 

*  *  *

 

日本にはさまざまな宗派の仏教がありますが、「懺悔文」は宗派を問わずに日常の読経に使われています。

 

「懺悔」とは、その言葉の意味が示すように、自分が犯した罪や過ちを反省して悔い改めることです。生きていると、ささいなことも含めて日々反省したり、後悔したりすることが少なくありません。いけないと分かっていても何度も同じ過ちを繰り返してしまうことも多々あるものです。

 

反省することは大切なこと。その気持ちを実行に移すためにも謙虚な気持ちで「懺悔文」を書き写してみましょう。

 

【 懺悔文全文と意味 】

 

懺悔文(さんげもん)

自分が犯した罪や過ちを仏さまに悔い改める言葉

 

我昔所造諸悪業(がしゃくしょぞうしょあくごう)

わたくしは、昔からたくさんの悪をなしてきました。

 

皆由無始貪瞋癡(かいゆうむしとんじんち)

果てしない過去の世から、欲望と怒りと愚かさによって、

 

従身口意之所生(じゅうしんくいししょしょう)

身の行いと、口にする言葉と、迷いの心から生じ、積み重ねてしまった悪です。

 

一切我今皆懺悔(いっさいがこんかいさんげ)

それらのすべてを、わたくしは今、懴悔いたします。

 

■『NHKまる得マガジン ゼロから始める写経』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000817892019_01_136

NHK「100分de名著」ブックス ユゴー ノートル=ダム・ド・パリ

2019年08月30日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000064072472019_01_136

別冊NHK100分de名著シリーズ 読書の学校 西研 特別授業『ソクラテスの弁明』

2019年07月25日発売

定価 864円 (本体800円)

000064072452019_01_136

NHK出版 学びのきほん 役に立つ古典

2019年06月25日発売

定価 724円 (本体670円)