教養

ペストはどんな病気だったのか


2020.10.16

17世紀のロンドンを襲い、7万人以上を死に至らしめたペストのパンデミック。当時の人々にとってこれはどのような病気だったのでしょうか。英文学者、東京大学准教授の武田将明(たけだ・まさあき)さんと共に、『ペストの記憶』の描写からその症状や特徴を見てみましょう。

 

*  *  *

 

14世紀に大流行した際は、ヨーロッパの人口の三分の一が亡くなったとも言われるペストですが、語り手のH・Fによると、ペストは「体質の違いに応じてさまざまな症状を示した」といいます。

 

ある人は、たちまち身体じゅうに病気の毒がまわり、猛烈な熱、嘔吐、耐え難い頭痛と背中の痛みなどが次々に押し寄せ、あまりの苦痛に絶叫し、狂乱した。またある人は、首や股間、あるいは腋の下ができものや腫脹で膨らみ、これが潰れるまでとうてい我慢できない激痛に苛まれた。そうかと思うと、先ほど話したように秘かに感染する人もいた。知らないうちに熱がこの人たちの生命力を蝕み、当人はほとんど気づかないまま、ついに意識を失って卒倒し、そのまま元に戻らず痛みのない死を迎えた。

 

激しい症状に見舞われる人、ほとんど無症状のまま病が進行し、ふとした瞬間に命がついえてしまう人など、様々だったようです。

 

中でも腫(は)れものの痛みはすさまじく、その治療法も今から見ると残酷なものでした。まず、医者は硬くなった腫れものに湿布を貼って潰し、膿(うみ)を出そうとします。硬すぎて潰れない場合は、腫れものを切り刻みました。「どんな器具でも切開できないほど硬くなると、今度は腐食性の薬品で腫れものを焼いた。このため多くの人が苦痛にわめき狂いながら死んだ。まさに手術の最中に死ぬ者もいた」といい、苦痛に耐えきれずに自ら死を選ぶ人もいたといいます。しかしながら、治療が成功して膿が出ると、多くの患者は恢復(かいふく)しました。恢復できなかったのは症状が出なかった人たちで、さきほど引用した一人娘のように「致命的な徴」が現れたときには、全身に壊疽(えそ)が広がり、もはやなす術(すべ)がなくなっていたのです。

 

こうした生々しい描写からもわかるように、当時はまだペストの原因が特定されておらず、特効薬もありませんでした。ペスト菌が発見されるのは19世紀末になってからのことで、現在では抗生物質によってペストを治療できますが、17世紀のロンドンにそんなものは存在しません。一度かかってしまえば、死ぬ確率が高い恐ろしい病気が広がり始めた──このような状況下で、人はどのような心理となり、どのような行動を取るのでしょうか。

 

■『NHK100分de名著 デフォー ペストの記憶』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000064072592020_01_136

別冊NHK100分de名著 読書の学校 吉野彰 特別授業『ロウソクの科学』

2020年10月12日 発売

定価 880円 (本体800円)

000000818292020_01_136

NHK「100分de名著」ブックス アルベール・カミュ ペスト

2020年09月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000064072602020_01_136

チコちゃん ひらがな れんしゅうちょう

2020年08月31日発売

定価 825円 (本体750円)