教養

老子がいった「無」とは「なにもない」という意味ではなかった


2013.05.22

老子の思想は「道家思想」と呼ばれているが、これは『老子』が「道」について語られている書物であることに起因する。「道」とは普段歩くために使う道路のことではなく、人間社会からはるか宇宙に至るまでの根本的な原理であり、人間が生きる上で手本とするべき最高の理想、すなわち道徳のことだ。その「道」からあらゆるものが生まれてくると老子はいう。また「道」とは本来、言葉にできるものではなく「名無し」の状態を指し、なにもない天地の始まりのようなものであるそうだ。そこから万物が生まれることで、はじめて「名有り」の状態になり、無から有が生まれるという構図ができるという。その後に、「道」に内在している「徳」の働きが、万物を養い育てる。

 

つまり老子の語るこの「無」は、そこになにもないという意味ではなく、何者であるかが規定できないから無といっている。別の名称をつけ明言すると、その存在に限定されてしまうため、一切合切を包括する「無」という言葉を用いたのだと東京大学名誉教授の蜂屋邦夫さんは解説する。

 

*  *  *

 

「無」と「有」の関係性を、もっともわかりやすく表現したのが、第四十章にある言葉です。

 

天下の物は有より生じ、有は無より生ず。

(世の中の物は形あるものから生まれ、形あるものは形ないものから生まれる。)

 

老子は、「無から有が生まれて、そこから天地万物が生成される」といいたかったのです。

 

第四十二章では、さらに発展させて、「道」からどのように万物が生まれてくるかの過程が順序立てて説明されています。

 

道は一を生じ、一は二を生じ、二は三を生じ、三は万物を生ず。万物は影を負い陽を抱き、沖気以て和を為す。

(無という道は有という一を生み出し、一は天地という二を生み出し、二は陰陽の気が加わって三を生み出し、三は万物を生み出す。万物は陰の気と陽の気を内に抱き持ち、それらの気を交流させることによって調和を保っている。)

 

最初に出てくる「道」は、天地よりも先に存在する「なにか」であって「無」を指します。それを姿かたちのない存在として認識したものが「一」としての気。さらにそれが陰陽の二つに分かれて、「二」となり、沖気(陰と陽の気を作用させること)が作用して「三」となり、そこから万物が生まれてくるというわけです。

 

「無」からすべてが生み出されるというと、なにもないところから生まれるはずがないだろうと思ってしまいますが、老子は「無」というものを、なにもないのではなく、ありとあらゆる可能性を含みもつ状態としているのです。

 

■『NHK 100分de名著』2013年5月号より

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000817892019_01_136

NHK「100分de名著」ブックス ユゴー ノートル=ダム・ド・パリ

2019年08月30日発売

定価 1404円 (本体1300円)

000064072472019_01_136

別冊NHK100分de名著シリーズ 読書の学校 西研 特別授業『ソクラテスの弁明』

2019年07月25日発売

定価 864円 (本体800円)

000064072452019_01_136

NHK出版 学びのきほん 役に立つ古典

2019年06月25日発売

定価 724円 (本体670円)