教養

紙、その清らかさ


2019.09.19

「未来」選者の大辻隆弘(おおつじ・たかひろ)さん(※)が講師を務める講座「私が出会った現代短歌」。今月は「紙」をテーマとした歌を紹介します。

 

※「辻」は正しくは一点しんにょうです。

 

*  *  *

 

今月の題は「紙」です。和紙、印画紙、新聞紙、包み紙、手紙……みなさんの頭のなかには、白く、まだ何も記されていない無垢(むく)な紙のイメージが立ち上がってきたのではないでしょうか。

 

白い手紙がとどいて明日は春となるうすいがらすも磨いて待たう

齋藤 史(さいとう・ふみ)『魚歌』

 

現代短歌に大きな足跡を残した齋藤史のもっとも初期の作品です。真っ白な便箋に書かれた手紙が届く。その白のまぶしさは、若い作者にとって春の到来を思わせるものだったのでしょう。春はあした確実に私の部屋にやってくる。その春を明るい気持ちで迎えるために、薄い窓ガラスも磨きあげておこう……。そんな心の弾みを感じさせる歌です。

 

この歌が作られたのは昭和時代の初頭。この当時としては斬新な文体が使われています。口語を大胆に用い、詩的なイメージを開放した歌は「モダニズム短歌」と呼ばれ、若者に大きな影響を与えました。

 

五線紙にのりさうだなと聞いてゐる遠い電話に弾むきみの声

小野茂樹(おの・しげき)『羊雲離散』

 

まだ携帯電話がなかった頃の作品です。重い受話器の向こうから、聞き取りにくい遠い声で、作者の恋人が話している。その声は実に楽しそう。今日一日の出来事を、遠くにいる作者に向けて一生懸命語ってくれる。その声を聞きながら「ああ、この声はまるで五線紙にのりそうだな」と思ったという歌です。

 

声の主は少女でしょうか。その声はまるでソプラノのアリアのようにメロディアスです。声が遠くにあればあるほど、作者は、その背後にある恋人の息遣いのようなものを、よりなまなましく感じたのでしょう。小野茂樹は昭和11年生まれ。昭和45年、交通事故で亡くなった夭折(ようせつ)の歌人です。

 

■『NHK短歌』2019年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000818042019_01_136

シリーズ・戦後思想のエッセンス 石原慎太郎

2019年11月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)

000000818022019_01_136

シリーズ・戦後思想のエッセンス 戦後思想の到達点

2019年11月25日発売

定価 1430円 (本体1300円)

000000818032019_01_136

シリーズ・戦後思想のエッセンス 吉本隆明

2019年11月25日発売

定価 1100円 (本体1000円)