教養

心に染み入る思い


2018.12.29

『NHK短歌』2018年12月号では、「塔」選者の真中朋久(まなか・ともひさ)さんが温かい飲み物や煮物をテーマとした短歌を挙げ、解説します。

 

*  *  *

 

薄暗き店の照明(あかり)は吾が好み珈琲は濃きを疑わざりき

上野久雄(うえの・ひさお)『炎涼の星』

 

作者は山梨県の甲府で喫茶店を営んでいました。この作品の直前には「階段を拭く吾の手を跨ぎゆくわが顧客銀行員御一行様」などあって、苦々しい思いをすることもあったのでしょう。だからコーヒーを苦くしようというわけではなく、コーヒーは濃く淹(い)れてこそ美味(おい)しいのだという信念を持っているようです。そもそも濃さと苦さは別のこと。プロが淹れるコーヒーは不快な苦さを感じさせないものです。少しあとには「珈琲よもっと脹めさびしかる店主の注ぐ熱き湯浴びて」があって、孤独でありながら、コーヒーを淹れることを楽しんでいるようでもあります。

 

結句「疑わざりき」の過去形は、かつてそうであったというだけでなく、今も変わらないことに気づいたり、あらためて意識したりしていることを示します。

 

よき椅子(いす)に黒き猫さへ来てなげく初夏晩春の濃きココアかな

北原白秋(きたはら・はくしゅう)『桐の花』

 

大正時代ののびやかな風俗です。何を嘆いているのかわかりませんが、寒さを感じる季節なら濃厚で熱いココアで身体(からだ)が温まるところ、そろそろ冷たいものが欲しくなる「初夏晩春」です。この作品、黒き猫は、暗い色のココアが出て来る伏線にもなっていますが、調べてみると、猫の体にはチョコレートやココア(つまりカカオを原料とするもの)は毒になるので食べさせてはいけないのだそうです。この作品に、そういう含みがあるとは思えませんが、いずれにしても猫は熱いものが苦手でしょう。「なーんだ、ミルクじゃないんだ」という黒猫の表情が浮かぶようです。

 

 

■『NHK短歌』2018年12月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000064072452019_01_136

NHK出版 学びのきほん 役に立つ古典

2019年06月25日発売

定価 724円 (本体670円)

000064072442019_01_136

NHK出版 学びのきほん ブッダが教える愉快な生き方

2019年06月25日発売

定価 724円 (本体670円)

000064072462019_01_136

別冊NHK100分de名著 集中講義 三国志

2019年06月25日発売

定価 972円 (本体900円)