教養

バレンタインデーの悲喜こもごもで一句


2016.02.13

2月14日は「バレンタインの日」。海外発祥の行事ながらも、日本でもすっかり浸透し、俳句の季題にもなっています。「玉藻(たまも)」主宰の星野高士(ほしの・たかし)さんが、「バレンタインの日」を詠んだ句を紹介します。

 

*  *  *

 

俳句は今や世界各国に普及し、各国の言葉で作られています。一方で、海外の行事などが日本に移入され、その結果俳句の季題となったものもあります。クリスマスが代表例ですが、今回の「バレンタインの日」も同様で、季題として一句にすることも定着してきたように思います。二月十四日のことで、三世紀にローマで殉教した聖バレンタインの記念日ですが、日本では女性が男性にチョコレートをプレゼントする習慣が根付いています。

 

ともかく「バレンタインデー」は面白い行事です。この歳になると本命チョコは貰(もら)えませんが、お洒落(しゃれ)な義理チョコを貰うのは楽しみです。最近では、男性から贈る“逆チョコ”や自分のために買う“自己チョコ”などもあるそうです。

 

いつ渡そバレンタインのチョコレート

田畑美穂女(たばた・みほじょ)

 

バレンタインデーの例句の中で、最もバレンタインデーらしい句です。女学生を想像しました。いつまでも迷っているばかりで、なかなか渡すことができません。いつ渡してもチョコレートの価値は変わらないと思うのですが、そこを気にするのが乙女心なのでしょう。

 

はゞからずバレンタインの贈りもの

中村芳子(なかむら・よしこ)

 

こちらは大人のバレンタインでしょう。恋人というよりは、すでに結婚している人の句です。実際の態度としては、はばからず大胆(だいたん)な様子ですが、「はゞからず」という上五(かみご)からは、心の内に恥ずかしさを隠していると、読み取れます。

 

何事もおこらずバレンタインの日

原田清正(はらだ・きよまさ)

 

妻からも娘からも貰うことのできなかった父親だと思いました。何もないと分かりつつも、少し期待をしてしまうのが、男心です。この後、友人が娘からチョコを貰った話などを聞くと、さらに寂しい気持ちになってしまいます。

 

■『NHK俳句』連載「日常の移動を詠む」2016年2月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

  • sokutei300

000000113452016_01_136

NHK日本語発音アクセント新辞典

2016年05月26日発売

定価 5400円 (本体5000円)

000000817082016_01_136

NHK「100分de名著」ブックス 岡倉天心 茶の本

2016年10月25日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000000817092016_01_136

NHK「100分de名著」ブックス 小泉八雲 日本の面影

2016年11月25日発売

定価 1080円 (本体1000円)