料理

トータル10分でできる袋漬けおかずが便利!


2013.10.14

撮影:吉田篤史

『きょうの料理ビギナーズ』10月号の特集は「時短革命」。10分でつくれる主役おかずのつくり方をたくさん掲載しています。その中から、朝に食材を袋に入れて漬けておき、夜に焼くだけの「袋漬けタンドリーチキン」をご紹介。料理研究家の堤人美(つつみ・ひとみ)さん考案のレシピです。

 

*    *    *

 

朝5分で材料と調味料を袋に入れて、夜5分で焼くかチンするだけ!のトータル10分おかず。冷蔵庫に入れておくだけで調味料が材料によーくしみて、おいしくなります。

 

タンドリーチキン

 

インド料理の定番にしょうゆを加えておかず風に。ヨーグルトの効果で肉が柔らかくなります。

 

【材料】(2人分)

<朝>

鶏もも肉(から揚げ用)…250 g

 

A

プレーンヨーグルト(無糖)…大さじ6

カレー粉…小さじ2

しょうゆ…小さじ1

塩…小さじ1/2

一味とうがらし…小さじ1/3

こしょう…適量

 

<夜>

サラダ油…小さじ2

サニーレタス…2枚

 

熱量:300kcal(1人分)

 

朝:袋に入れてもむ

 

鶏肉をジッパー付きの保存袋に入れ、Aを加えてよくもむ。空気を抜いてジッパーを閉じ、冷蔵庫に8 時間以上おく。

 

夜:フライパンで焼く

 

フライパンにサラダ油を中火で熱し、漬けだれをぬぐって、皮側から2分30秒間焼く。上下を返して、さらに2分間焼く。器に盛り、手で食べやすくちぎったサニーレタスを添える。

 

■『NHKきょうの料理 ビギナーズ』2013年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加