料理

旬のとうもろこしをおしゃれな一品に


2013.08.15

盛りつけに皮を使うと、焼きとうもろこしが気の利いたおしゃれな一品に。皮は焼く際にも使用。天板にとうもろこしをそのままのせるとコロコロ転がってしまいますが、皮を敷くとその心配もなくなります。撮影:原ヒデトシ

甘みたっぷりでジューシーな生のとうもろこしが出回る期間は意外と短いということをご存じでしょうか。皮付きのフレッシュなものが店頭に並ぶのは夏だけ。旬を逃さずいただきましょう。イタリアンレストランのオーナーシェフを務める神保佳永(じんぼ・よしなが)さんが、おしゃれな「イタリアン焼きとうもろこし」を提案します。(監修:関口絢子)

 

*    *    *

 

屋台で人気の焼きとうもろこしをイタリア風にアレンジ。トマトケチャップ& チーズとの相性も抜群です。

 

【材料】(2人分)

 

とうもろこし(皮付き)…2本

スライスチーズ(溶けるタイプ)…4枚

 

A:しょうゆ・トマトケチャップ…各少々

B:塩・黒こしょう…各少々

イタリアンパセリ(みじん切り)…適量

エクストラバージンオリーブ油…小さじ2

 

1 とうもろこしは皮をむく(皮はとっておく)。ラップで包んで電子レンジ(600W)に約2分30 秒間かけ、長さを4等分に切る。スライスチーズは半分に切る。

 

2 小さめの器にA を混ぜ合わせ、とうもろこしの表面にはけで塗る。

 

3 オーブンの天板に1の皮を4~6枚敷いて2をのせ、180℃に温めたオーブンで8 分間ほど焼く。表面が香ばしくなったら天板を一度取り出し、スライスチーズを1切れずつのせる。再びオーブンに入れ、チーズが溶けるまで3分間ほど焼く。

 

4 器に残りの皮を敷いて3をのせ、Bを等分にふる。

 

■『NHK趣味Do楽 わたしと野菜のおいしい関係―知って、作って、食べて』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000333092020_01_136

NHKまる得マガジンプチ もっともっと ふだんづかい パクチーまるごとレシピ

2020年06月20日発売

定価 1045円 (本体950円)

000000333082020_01_136

NHKまる得マガジンプチ お手軽なのにきちんとおいしい 手づくり漬物

2020年06月20日発売

定価 1045円 (本体950円)

000000333072020_01_136

おいしくアレンジ!まいにち使える江戸レシピ 奥村彪生の 豆腐百珍 卵百珍

2020年05月29日発売

定価 1650円 (本体1500円)