料理

彩り鮮やかで保存もバッチリ!「夏野菜のマリネ」


2013.07.14

マリネしてから15分後~2日間が食べ頃。1日に1~2回、上下を返すと味のムラがなくなります。冷やすとよりおいしくなります。撮影:広瀬貴子

マリネとは、調味料などを合わせたつけ汁と食材をあえてつける(マリネする)料理。「酢+油+香り」のつけ汁の組み合わせがおいしいマリネのお約束です。保存が利くので、つくりおきしておくととても便利。時間をおくごとに変化する味わいや食感も楽しめます。料理研究家の渡辺麻紀(わたなべ・まき)さんに、夏の人気野菜をふんだんに使った「夏野菜のマリネ」を教わりました。

 

*    *    *

 

【材料】(つくりやすい分量)

オクラ…8 本

塩(オクラをゆでる用)…少々

きゅうり…3 本

塩…小さじ2/3

ローリエ…2枚

ミニトマト…16コ

 

A 酢…大さじ3

塩…小さじ3/4

白こしょう…少々

オリーブ油(またはサラダ油)…大さじ6

赤とうがらし…1/2 本

 

熱量:790 kcal(全量) 調理時間:20 分(マリネする時間は除く)

 

【つくり方】

 

◉下ごしらえをする

1 きゅうりは4cm 長さに切って縦半分に切り、ボウルに入れる。塩と約6等分にちぎったローリエをまぶし、15分間おく。ペーパータオルではさんで水けを取る。

 

2 オクラはガクの周囲をクルリとむく。塩を加えた熱湯で1~2分間ゆで、氷水にとり、水けを拭いて縦半分に切る。ミニトマトは縦半分に切る。赤とうがらしはヘタと種を取り、端から3mm 幅に切る(小口切り)。

 

◉Aを混ぜる

3 大きめのボウルにA の酢、塩、白こしょうを入れて泡立て器ですり混ぜる。塩が溶けたら、オリーブ油を少しずつ注ぎながら混ぜ合わせる。白濁してトロリとしたら2の赤とうがらしを加える。

 

◉マリネする

4 3のボウルに2のオクラとミニトマト、1のきゅうりとローリエを加えてあえる。オクラは変色しやすいので、食べる直前に加えても。保存容器に移し、冷蔵庫に入れる。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2013年7月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキストビュー300×56

000061992492017_01_136

きょうの料理 わたしのいつものごはん

2017年08月18日発売

定価 1188円 (本体1100円)

000066462562017_01_136

別冊NHKきょうの料理 「きょうの料理」くらべて選べるわが家の味

2017年10月19日発売

定価 1836円 (本体1700円)

000061992522017_01_136

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ABCブック 1品で満足!毎日食べたい蒸しおかず

2017年10月10日発売

定価 972円 (本体900円)