料理

気分はアジアンリゾート? パクチーでパパっと!アジアンごはん


2020.09.23

パクチーゴーヤチャンプルー 撮影:木村 拓(東京料理写真)

夏になると食べたくなる、タイ料理などの“アジアンごはん”。家でつくるには、ナムプラーやチリソースなどの調味料が必要? 答えはノー! いつものメニューにパクチーをプラスするだけで、まるでアジアンリゾートへ旅したような気分が味わえますよ。料理研究家で管理栄養士のエダジュンさんがとっておきのパクチー料理を教えてくれました。

 

パクチーゴーヤーチャンプルー

 

独特の苦みをもつゴーヤーとパクチー。個性派どうしの組み合わせが、びっくりするほど食べやすくて好相性! ご飯にもビールにも。

12039092020_p050_01

 

もやしとパクチーのきんぴら風

 

おなじみの甘辛味が、パクチーひとつで新しいおいしさに!

 12039092020_p050_02

 

わかめと梅のパクチー混ぜご飯

 

和とエスニックの“イイトコどり”なご飯は、後味爽やか。

 12039092020_p050_03

パイナップルとパクチーのマリネ

 

清涼感のある大人好みの味。前菜やミニデザートに。

 12039092020_p050_04

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2020年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000333122020_01_136

堤人美の 旬を漬ける保存食

2020年09月17日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333112020_01_136

サメジマ式シニアごはん

2020年08月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333102020_01_136

辰巳芳子 ご飯と汁物

2020年07月16日発売

定価 2640円 (本体2400円)