料理

精進料理がベースの野菜たっぷりおかず


2020.09.28

撮影:工藤睦子

注目の講師が得意のレシピを紹介する連載「わたしの十八番(おはこ)レシピ」。今月は、野菜のおいしさを引き出すのが得意な料理研究家の尾崎史江(おざき・ふみえ)さんが、精進料理をベースに、野菜がモリモリ食べられるおかずを紹介します。

 

*  *  *

 

野菜中心でも、食材の組み合わせと調理法で、大満足のおかずに!

 

精進料理は“肉や魚を禁じ、野菜だけでつくる料理”という点を注目されがちですが、実は旬の食材をおいしく、余すところなく食べるヒントが詰まっています。その一つが味つけ。食材の持ち味を生かすため、だしをやさしくきかせます。うすめの味つけが基本ですが、3〜4日間は保存できる配合です。日を追うごとに味がしみ込み、最後まで飽きずに食べることができます。また油を上手に使うことも精進料理の知恵。野菜を揚げれば甘みとコクが増し、ごま油で炒めれば料理に香ばしさがつきます。私はその基本をベースに、野菜に少量の肉や魚を組み合わせてボリュームを出し、今の生活に合う料理をお届けしたいと思っています。

 

秋ざけとなすの梅だしびたし

 

なすに塩をまぶしてアクと余分な水分を抜くと、油を吸いにくくなりカラリと揚がります。温度は高温でサッと。爽やかな梅だしは、暑さが残るこの時季にピッタリです。

 

■『NHKきょうの料理』連載「わたしの十八番レシピ」2020年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000333122020_01_136

堤人美の 旬を漬ける保存食

2020年09月17日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333112020_01_136

サメジマ式シニアごはん

2020年08月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333102020_01_136

辰巳芳子 ご飯と汁物

2020年07月16日発売

定価 2640円 (本体2400円)