料理

しょうがパワーで夏をのりきろう!


2020.08.25

撮影:竹内章雄

管理栄養士監修のもと、食生活を通して「いまどき」の健康を応援! 連載「いまどきヘルシー」第5回は温冷効果の使い分けがキモ、夏の“しょうが使い”がテーマです。管理栄養士・料理研究家の島本 薫(しまもと・かおる)さんが、夏にしょうがをとるべき理由を教えてくれました。

 

*  *  *

 

夏バテに、夏冷えにしょうがを活用しましょう!

 

しょうがといえば、体を温める効果で知られ、冬は料理によく使う方が多いと思います。でも実は、夏にこそ注目したい食材なのです。

 

しょうがは生のままとる場合と、加熱してとる場合とでその効能効果が変化します。生でとると体をスッと冷やす効果があり、夏バテによって体に熱がこもり、だるさを感じるときにおすすめです。また、加熱すると体を温めてくれるので、冷房や冷たいもののとりすぎで冷えた体にうってつけです。

 

さらに、しょうがには殺菌作用や抗酸化作用などがあるといわれ、夏の疲れた体をサポートします。体の状態に合わせて上手に活用し、夏も元気に過ごしましょう。

 

【冷】ジンゲロールでクールダウン!

 

しょうがを生でとることで効果が得られる、しょうがの辛み成分“ジンゲロール”。解熱作用があり、体の熱を取り除いて深部を冷やす。さらに、殺菌作用や免疫力をアップさせるなどの働きも。

 

【温】ショウガオールで中からポカポカ

 

しょうがの“ジンゲロール”は、加熱・乾燥によって“ショウガオール”という成分に変化。ショウガオールには熱をつくりだす働きがあるので、体を温めることができる。

 

■『NHKきょうの料理』連載「いまどきヘルシー」2020年8月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000333112020_01_136

サメジマ式シニアごはん

2020年08月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333102020_01_136

辰巳芳子 ご飯と汁物

2020年07月16日発売

定価 2640円 (本体2400円)

000000333092020_01_136

NHKまる得マガジンプチ もっともっと ふだんづかい パクチーまるごとレシピ

2020年06月20日発売

定価 1045円 (本体950円)