料理

さば缶と鶏手羽元をだしがわりに 2種の和風スープ


2020.05.13

新たまねぎとさば缶の和風スープ 撮影:蛭子 真

連載「割合でつくる だしいらずの和食」では、京都の老舗料亭の3代目、村田吉弘(むらた・よしひろ)さんが「だし」のかわりにうまみたっぷりの食材を使った料理を紹介しています。今月号の「だしがわり」はさばの水煮缶と鶏手羽元。

 

*  *  *

 

この連載では、毎回おいしい和食をつくるのに欠かせない2つの要素「うまみ」と「調味料の割合」について、話していこかと思てます。

 

和食がほかの国の料理と明らかに違うのは、その味つけにしょうゆ、みりん、みそといった、日本ならではの調味料を使っていること。そして、そのどれもが発酵させた調味料だということです。

 

昔は海外旅行にしょうゆを持って行った、なんて話がよくありましたが、どこの国の料理でもしょうゆをかけたとたん、和食の雰囲気になる。そんな強さが、和の調味料にはあるんやと思います。塩だと、そうはならんですよね。

 

それはおそらく、しょうゆが発酵調味料で、うまみがしっかり含まれているから。発酵調味料は発酵の過程で、原料に含まれるたんぱく質がアミノ酸に分解されて、うまみ成分が生まれるのです。酢、みそ、みりんといった基本的な和の調味料が、すべて発酵調味料だということは、とても大きなことやと思います。和食がいま、世界的に評価されているのも、うまみを大切にしてきた料理だからではないでしょうか。

 

さて、先月に引き続き今月も、味つけはしょうゆとみりんだけの料理です。しょうゆとみりんは同量、が基本です。なぜ同量だとええのかは分かりませんが、不思議に、うまいこと辛いと甘いのバランスがとれるんです。相性のええもんどうしなんでしょうな。

 

最近は、和食でも甘みを砂糖にすることも多くなりましたが、一度しょうゆと同量のみりんを使ってみてください。素材のおいしさを、より素直に味わえると思います。もちろんお好みもあるでしょうから、そこから好みの味つけに調整してみてはいかがでしょう。

 

※つくり方はテキストをご覧ください。

 

■『NHKきょうの料理』2020年5月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000333122020_01_136

堤人美の 旬を漬ける保存食

2020年09月17日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333112020_01_136

サメジマ式シニアごはん

2020年08月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333102020_01_136

辰巳芳子 ご飯と汁物

2020年07月16日発売

定価 2640円 (本体2400円)