料理

かんきつフレーバーで油っこいものもさっぱり爽やかに


2020.04.28

撮影:宮濱祐美子

料理研究家の堤 人美(つつみ・ひとみ)さんの連載「Tsu ke ru 〜 漬けて、おいしいレシピ〜」。今月は、揚げ物などにさわやかな風味を添える「かんきつ塩」を紹介しています。

 

*  *  *

 

ひところはやった“レモン塩”はレモンを丸ごと塩に漬け込みますが、かんきつ塩は、皮のみを塩に漬けて香りを移します。文旦(ぶんたん)、はっさく、夏みかんなど、皮がよく香る品種がおすすめです。漬ける前に皮を塩でこすり、香りを引き出すのがポイント。

 

野菜の素揚げや天ぷら、魚介のフライなどの揚げ物、白身魚や帆立て貝柱の刺身のつけ塩に。

 

かんきつのフレーバーで、油っこいものもさっぱりと爽やかに食べられます。

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2020年3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000333122020_01_136

堤人美の 旬を漬ける保存食

2020年09月17日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333112020_01_136

サメジマ式シニアごはん

2020年08月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333102020_01_136

辰巳芳子 ご飯と汁物

2020年07月16日発売

定価 2640円 (本体2400円)