料理

これぞ最強の組み合わせ! かきとほうれんそうの炒め物


2020.02.25

かきとほうれんそうの炒め物 撮影:邑口京一郎

ぼっち。それは1 人。イマドキの1 人って何にも寂しくないし、むしろ楽しい!? そこで、Enjoy ぼっちの料理研究家の重信初江(しげのぶ・はつえ)さんに、楽しい毎日、楽する食生活をマンマ教えていただきます。今月はかぜの予防に重信さんが全幅の信頼を置いているという「かき」を使った「かきとほうれんそうの炒め物」です。

 

*  *  *

 

去年の夏は暑かったっすよねー、だからですかねー、今年の冬、ふつうに寒いっす。

 

こんな時季はかぜ、気をつけなきゃですね。私のかぜはのどからくるので、うがい手洗い絶対! 外出時はマスク! 寒さ対策には足を温め、耳を温め、そして、心を温めるために、冷たいビールと氷入りのハイボール、赤ワインを飲んでます。ちなみに私、熱かんとかお湯割りとか、温かい酒は飲みません。そんなわけで、あれこれ策を講じてはいるのですが、年に数回かぜをひきます。そして3〜4年に1回、オリンピックかワールドカップか!?のようにインフルエンザにかかります。なぜだーーーーーーーー!!

 

そもそもかぜって、体が弱っているときにきますよね。「病は気から」とはよく言ったもんですが、本当にだめになりそうなとき、勝手に信じている食材があります。「かき」です。特に生がきはあたるけれど、世界三大好きの一つ。あ、でも、弱っているときは火、入れますよ。だから、この「かき炒め」はかなりヒット!

 

本当に、かぜっぽい悪寒が引くんですよね。さらに今回はもう一つの秘策、ほうれんそうを合わせてます。ほうれんそうって、昔から元気が出るイメージで、ポパイがほうれんそうを食べて元気になるの、わかる気がします。だから、この一皿は、まさに私的最強の組み合わせ。食べるとホント元気になります!

 

最後に信じてる食材の補足。ちょっと元気が残っているときは牛肉の薄切り。塩分をとりすぎたなと思ったらプルーン。……信じるものは救われる。

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2020年2月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000333062020_01_136

野菜まるごと 畑のびん詰め

2020年02月21日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333052020_01_136

NHKきょうの料理 大原千鶴の絶品手づくりだれ料理帖

2020年01月24日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000064072522020_01_136

NHKゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン かんたん かわいい チョコレート&おかし

2020年01月09日発売

定価 990円 (本体900円)