料理

うまみとまろやかな塩気が魅力の塩麹ドリンク


2020.02.12

撮影:衛藤キヨコ

素材そのものの味を引き立てるうまみ調味料として、塩麹はすっかりおなじみになりました。料理にはもちろん、ドリンクにも大活躍。ほんのちょっと入れるだけで、しっかりしたうまみとまろやかな塩けが楽しめます。試してみるとクセになる味です。薬膳料理家、食養研究家、国際中医薬膳師の山田奈美(やまだ・なみ)さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

塩麹とは

 

塩麹は、米麹に塩、水を加えて発酵させたものです。野菜や魚などの漬け床に利用されていましたが、少量でもうまみのあるまろやかな塩けがつけられるので、今ではうまみの濃厚な塩味調味料として、料理に使われるようになりました。パック入りの市販品も増えて、手軽に使えるようになっています。

 

梅塩麹番茶

 

番茶と梅は、昔ながらの組み合わせ。塩麹をプラスしてまろやかに。

68272882020_p053_01

塩豆乳風ドリンク

 

台湾の朝ご飯の定番、鹹豆漿(シェントウジャン・塩豆乳)をドリンク仕立てにアレンジしました。現地では、干しえびや香味野菜など、いろいろな具で楽しまれています。やわらかなおぼろ豆腐のような食感。黒酢の風味もいい!

 68272882020_p053_02

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKまる得マガジン 毎日ほっこり 飲んで楽しむ発酵食品』より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000333122020_01_136

堤人美の 旬を漬ける保存食

2020年09月17日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333112020_01_136

サメジマ式シニアごはん

2020年08月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333102020_01_136

辰巳芳子 ご飯と汁物

2020年07月16日発売

定価 2640円 (本体2400円)