料理

スウェーデン発 「ヤンソンの誘惑」って?


2019.10.21

撮影・木村 拓(東京料理写真)

北欧好きの人なら聞き覚えがあるかもしれない、「ヤンソンの誘惑」。スウェーデンのじゃがいも料理のようですが……ヤンソンさんって何者? どんな誘惑の料理? 料理研究家の井原裕子(いはら・ゆうこ)さんに再現してもらいました。

 

編集A :井原さん、うちの編集長が「僕がいちばん好きなじゃがいも料理は、ヤンソンの誘惑だ」と言うんです。

 

井原さん:ヤンソンの誘惑?

 

編集A :「エリク・ヤンソンという菜食主義の宗教家が、あまりにもおいしそうで思わず食べてしまったグラタン」が由来だそうです。根拠はあいまいらしいですけれど……。ほかにもオペラ歌手ヤンソン説、映画「ヤンソンの誘惑」説など、諸説あるみたいです。細切りのじゃがいもとアンチョビが入ったスウェーデンのグラタンで、アンチョビは、いわしではなく、にしんだと聞きました。

 

井原さん:あ、にしんの甘酢漬けのことね! イギリスに住んでいたころ、北欧に旅行に行って初めて食べました。「スモーガスボード」という北欧のビュッフェによく出てくるお魚なんですが、スパイシーでとてもおいしく、好物になってよく買っていたんです。そのにしんが入ったグラタンも、思い出しました。

 

編集A :レシピを知りたいです!

 

井原さん:ただ、あのにしんは日本では手に入らないと思うの。日本のアンチョビでは塩辛すぎるし、酢漬けにもなっていないものねえ。

 

編集A :かわりに、しめさばとか……。

 

井原さん:それもまた別物になってしまいそうよね。代用するならオイルサーディンかしら。現地の味を思い出しながら、いろいろ考えてみますね。

 

――後日――

 

編集A :井原さ〜ん、ヤンソンの誘惑、楽しみにしていました!

 

井原さん:おいしくできましたよ! オイルサーディンを、甘酢でマリネしてみたんです。そのとき、風味づけにシナモンとディルを加えたら、現地で食べたものにかなり近い味になって。

 

編集A :わぁ、エキゾチックですね。

 

井原さん:そう。あとは、マリネに使ったそのスパイシーな甘酢を、クリームソースにも加えるのが大事なポイント。これでグッと本格感が出ます。

 

編集A :楽しみです!

 

※レシピはテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2019年10月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992872019_01_136

ごはんづくりが楽になる!みんなのきょうの料理ランキング クイック&ストック ベスト100レシピ

2019年10月21日発売

定価 660円 (本体600円)

000000333042019_01_136

卵、牛乳、バターを使わないのに、驚くほどおいしい しぜんなおかし

2019年10月19日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333022019_01_136

NHKまる得マガジンプチ 麹

2019年09月20日発売

定価 1045円 (本体950円)