料理

そのままでもお菓子に活用しても! くりのブランデーシロップ漬け


2019.09.26

撮影:宮濱祐美子

猛暑が一段落し、秋の味覚が楽しみな季節になってきました。料理研究家の堤 人美(つつみ・ひとみ)さんの連載「Tsu ke ru 〜 漬けて、おいしいレシピ〜」では、くりのブランデーシロップ漬けを紹介しています。

 

*  *  *

 

皮をむいて下ゆでしたくりをブランデー風味の甘いシロップに漬け込みました。

 

甘露煮や渋皮煮よりもすっきりとした甘さで芳じゅんな香りはコーヒーや紅茶のお茶うけによく合います。

 

マロングラッセのかわりにパウンドケーキなど焼き菓子の生地に混ぜたり、つぶして生クリームと混ぜてマロンクリームにしたりと、くりのお菓子に活用しやすいのも魅力です。

 

活用レシピ マロンシャンテリー

 

ブランデーが香るくりをつぶしながら、ホイップクリームに混ぜて食べましょう。

 

12039092019_p005_01

 

※つくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』連載「Tsu ke ru 〜 漬けて、おいしいレシピ〜」2019年9月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • bnr-eigo2019

  • テキストビュー300×56

  • bnr-eigo2019

000000333122020_01_136

堤人美の 旬を漬ける保存食

2020年09月17日発売

定価 1540円 (本体1400円)

000000333112020_01_136

サメジマ式シニアごはん

2020年08月20日発売

定価 1650円 (本体1500円)

000000333102020_01_136

辰巳芳子 ご飯と汁物

2020年07月16日発売

定価 2640円 (本体2400円)