料理

フライパンを温めないと、いいこといっぱい!


2019.07.04

中まで火を通すのが難しいハンバーグもこのとおり! 撮影:福尾美雪

毎日の料理を少しでも簡単に、手早く、おいしく! 私たちのそんなささやかで切実な願いをかなえてくれるのが、“フライパンに材料を入れてから火にかける”という調理法。その魅力を、料理研究家の武蔵裕子(むさし・ゆうこ)さんに教えてもらいました。

 

*  *  *

 

「フライパンにサラダ油大さじ1を熱し、……」というフレーズ、料理レシピでよく見かけますよね。でも、その“料理の常識”に「待った!」の声が!?

 

「フライパンを熱したが最後、“一気に調理を進めなければ”と、バタバタしがち。肉や魚が焦げついたり、火が通りすぎて堅くなったり、パサついたりといった失敗の原因にもなるんです。でも、フライパンが冷たい状態からスタートしてゆっくりと火を通せば、そういった失敗を防ぎ、焼く・煮る・揚げるといったさまざまな調理がうまくいくんです。この方法だと、従来のやり方でつくるよりも簡単においしくできるので、料理ビギナーさんほど便利さを実感できると思いますよ」(武蔵さん)

 

フライパンを温めないメリット BEST3

 

1 生焼けなし!

 

ハンバーグなどの厚みのある肉を熱したフライパンで焼くと、表面は高温で一気に焼けて焦げてしまい、中は生焼け状態になりがち。冷たいフライパンに入れてから火にかけ、低温からじっくり火を通すことで、生焼けを防げます。

 

2 少量の油でヘルシー!

 

深さ1cmにも満たないごく少量の油をフライパンに広げ、素材を入れてから火にかける方法で、ヘルシーでおいしい揚げ物がつくれます。またハンバーグなどを焼くときの油も、高温で焦げる心配が少ない分、減らせます。

 

3 洗い物が減ってエコ&時短!

 

フライパンを温めない調理方法なら、切った野菜はまな板からフライパンへ。いったんざるなどに移す必要がなくなります。またフライパンの中で食材と調味料を混ぜることができるので、ボウルいらず。洗い物の手間が自然に減ります。

 

フライパンの選び方

 

温めずに調理をスタートする場合のフライパンは、鉄製ではなく、樹脂加工がしてあるものを選びましょう。ここでは直径26cmのものを使用しています。深さは6~7cmくらいがおすすめ。また、蒸し焼き調理に使うふたも用意を。中が見えるガラスのものが便利です。

 

※テキストでは、フライパンを温めずにつくるハンバーグや肉じゃが、豚カツのつくり方を紹介しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2019年6月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000061992852019_01_136

NHKきょうの料理 お届け冷凍レジピ ひとりぶん

2019年06月21日発売

定価 972円 (本体900円)

000061992832019_01_136

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ブック ハツ江おばあちゃんの定番おかず

2019年06月21日発売

定価 1080円 (本体1000円)

000061992802019_01_136

NHKきょうの料理 いつも家にある調味料で 食べ飽きないおかず

2019年05月21日発売

定価 1296円 (本体1200円)