料理

思い出の「チキンピラフ」


2019.03.30

撮影:野口健志

見た目はドリアだけれど……? 坂田阿希子(さかた・あきこ)さんが小さなころから大好きだったという「チキンピラフ」をつくってくれました。

 

*  *  *

 

ケチャップライスにホワイトソースをかけて、チーズとパン粉でカリッと焼いた料理。それってドリアだよね?

 

いいえ、坂田家ではこれを「チキンピラフ」と呼ぶ。

 

そもそもこのチキンピラフ、実家のすぐ近くにあったレストランのメニュー。365日いつ何時も営業していた何ともすばらしいお店だったのだ(一昨年、惜しまれながらの閉店。本当に寂しい)。

 

銀色のお皿にケチャップライス、そしてたまねぎや鶏肉がたっぷり入ったホワイトソースをかけて焼いてある。何とも憎めないおいしさで、この店に行ったら必ずオーダーしていたっけ。これをまねして母がよくつくってくれた。チキンピラフが食卓に登場するのは決まって土曜日の夜ごはん。父が友人と飲みに行ったりして留守になる土曜日は、母が姉と私の食べたいメニューをつくってくれた。私たちにとってはちょっとした楽しみでもあったのだ。

 

さて、つくり方。

 

ケチャップライスのほうはたまねぎとハムだけのシンプルな具材。サラダ油とバターでよく炒め、ここにケチャップを加えます。ケチャップを先に炒めるのがおいしいポイント。香ばしくて味が丸くなり、ご飯を加えてからムラなく混ざり、味もなじみやすいのです。ご飯は炊きたての熱いのを加えるとほぐれやすく、油っぽくなりません。ご飯の上から白ワインをふりかけてパラパラとほぐしながら香りをつけ、炒め合わせます。これを耐熱皿に入れておきます。

 

次はホワイトソース。ソースのほうに具材がいろいろ入るのがこのチキンピラフの特徴。たまねぎを炒めたら、もも肉、むね肉両方の鶏肉を。これで味わいが深くなります。肉の色が変わったところにマッシュルームを入れて炒め、ここに小麦粉を。粉っぽさがなくなるまでしっかりと炒め、白ワイン、水を加えて数分間煮て鶏肉のうまみを出します。続いて牛乳を少しずつ加え、トロリとするまで煮立てます。このとき弱火にしすぎないのがちょっとしたコツ。粉臭さもなくなり、トロリとなめらかに仕上がりますよ。

 

ソースができたらケチャップライスにたっぷりとかけ、チーズとパン粉、きれいな焼き目のためのバターを少し。あとはオーブンでグツグツこんがりするまで焼きましょう。

 

みんなにドリアだよね?と言われても、これはチキンピラフと呼びたい。そして、今でもやっぱり土曜日の夜に食べたくなる料理なのです。

 

※詳しい分量とつくり方はテキストに掲載しています。

 

■『NHKきょうの料理ビギナーズ』2019年3月号より

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • テキスト定期購読

  • テキストビュー300×56

000000333022019_01_136

NHKまる得マガジンプチ 麹

2019年09月20日発売

定価 1026円 (本体950円)

000000333012019_01_136

NHKまる得マガジンプチ みそ玉

2019年09月20日発売

定価 1026円 (本体950円)

000000333032019_01_136

賢い冷蔵庫

2019年09月05日発売

定価 1404円 (本体1300円)